保険金と保険金の合計額

財務

財産の保険価値の種類に応じて、拠出額と報酬額が計算されます。しかし、義務的な種はすでに独自の引用符を持っています。

保険金額と保険金額

しっかりと必要とし、それが市場の現実に沿ったものであるかどうかを顧客から何の合計支払:ポリシーの署名、事前に知ることは重要です。

保険の種類

今日の保険は経済の別の領域です。 クライアント企業は、後者がそのリスクを引き受けることを約束するという事実のために支払います。そして、被保険者が眠ると可能なトラブルを心配することはできません。

保険価値

あなたは何かを保証することができます:

  • 不動産。
  • ジュエリー;
  • 車;
  • 人生と健康;
  • ビジネスおよび財務上のリスク。
  • 観光保険;
  • 無形の価値観(芸術作品)。
  • 土地のプロット、その他。

被保険者とその顧客は相互利益を有するトランザクションから。また、同社が市場における「ゲームのルール」を遵守すれば、ますます多くの顧客がそのゲームに投資することになります。主なものは、報酬の額について双方の合意に達することです。それを正しく計算するには、財産を評価する、つまり保険価値を決定する必要があります。

保険価値と保険金額の概念。相違点

ロシア連邦の法律によれば、アプローチ時保険契約者が保険金を支払う義務があります。この金額は、契約の締結の重要な瞬間であり、会社によって計算され、顧客との合意に基づき、個人保険または財産保険の契約が締結されます。これが保険の額です。

しかし、保険金額と保険価値 - 概念は同一ではありません。保険金額は金額に等しいかもしれないが、実際には顧客が手元で受け取ることができる金額は実際の物価の市場価値よりも小さい。保険の額のコストを超過することはできません、これは設定されています。保険は損害賠償を目的としており、資本を増加させることを目的としていないため、保険組織法の10条に基づいている。

保険価値の種類

保険価値とは何ですか?保険会社が引き継ぐ資産またはリスクアセスメントの評価後に決定されます。ほとんどの場合、これは市場価値です。

自主的な保険の場合にのみ報酬の額が交渉可能であることを考慮する必要があります。政策の署名が必須である場合、その額は法律によって設定される。

保険金額は時々固定サイズです。そして、それは起こります、それはコストの特定のパーセンテージに基づいて設定されます。

保険料の種類

最も一般的な保険 - プロパティ。既に述べたように、不動産保険の費用は、異なる方法を用いて計算される。この方法の選択に基づいて、このような種類の保険価値を区別します。

  • 完全な保険。保険対象のコストは払い戻しに等しい。
  • 比例。
  • オブジェクトを新しいものと作業項目に置き換えます。家電製品の販売に適用されます。
  • 回復コスト。オブジェクトを修復するために必要な量が回復されます。

関税の計算の性質に応じて、個々の保険リスクとマスを分離する。大規模なリスクのもとでは、自然災害に対する保険を意味します。ここの保険価値は別々の関税で計算されます。

保険金額の計算

保険のコストを決定するには、保険の目的を評価する第一の方法。それは、比較、利益または消耗することができます。ほとんどの場合、比較方法が用いられる。コストは、以前の取引の分析および市場状況から導き出される。その後、補償額が決定されます。

被保険金額を決定する

比例計算システムを使用する場合の保険料補償の計算式はどこでも同じです。関税のみが変更されます。

数式は次の形式をとります。Q = T・S / W

保険価値を計算するために、数式に初期数値を代入します。

  • S - 保険金額。
  • W - プロパティの実際の値。
  • Tは、このタイプのリスクに対して選択された係数です。

財産保険のコスト。リスク

不動産の見積もりは、通常、Rostekhinventarizatsiyaの部門または免許を有する不動産を評価する私有の不動産で行われます。

コストの評価は、いくつかの要因に影響します。

  • リスクカテゴリ。
  • 実質コスト。
  • 保険の期間。
  • 融合されるオブジェクトの型。

非常に重要な点はリスクのカテゴリーです。 保険会社は損害を受けることはありません。取引の結論に関連するすべてのリスクは、最高の専門家であるアンダーライターによってチェックされます。これらは保険ポートフォリオの責任者です。彼らはリスクの種類を分類し、どのリスクを取るべきか、どのリスクを拒絶するかを決定する。主なリスクカテゴリは次のとおりです。

  1. 財産の盗難;
  2. 侵入者による財産への損害;
  3. 違う性質の事故。
  4. 要素に関連する災害(洪水、地すべり、その他)。

保険金額の計算

これに関連して、多くのパラメータが分析される。 不動産が保証されている場合は、その建物の劣化度をチェックします。被保険者の価値を計算することによって、その資産の在庫および指数も分析されます。

企業保険評価

法人が保険に加入している場合、関税企業の規模に基づいて選出される。中規模企業の場合は、大型の場合は関税のみ、その他の場合は関税が適用されます。評価時には、固定資産、運転資本、株式、未完成建物のコストなどすべてが考慮されます。

リスクを分析するときは、このような保険の金額が大きいため、利用可能なすべての情報が使用されます。他社から入手可能なすべての統計情報を考慮する必要があります。

ロシアでは、ビジネスリスク保険はあまり一般的ではありません。経済の不安定な状態は魅力的ではありません。

ポリシーに署名した後に価格を変更することはできますか?

ポリシーに署名した後、その条件は変更する。しかし、いくつかのニュアンスもあります。保険金額の計算の正確さに疑義がある場合、保険金額は会社自身または税金によって争われる可能性があります。また、裁判所が保険業者に騙されたことを証明することができた場合、裁判所は報酬額を引き下げる権利を有します。

保険価値を計算する

もう一つのニュアンスは受け入れです - 社内保険会社に確認してください。検査中に補償額が過大評価されていると判明した場合、保険者は顧客への同意を通知し、契約書は書き換えられ、再交渉される。

間違いなく、政策の結論には利点がある。 被保険者は、個人または組織が金銭的な資金の払い戻しの保証を受ける。しかし、計算の原則はあまりにも混乱しており、ほとんどの保険会社はこのシステムを理解できません。したがって、州は保険を管理する必要があります。

コメント(0)
コメントを追加