自動車保険の種類

財務

車での旅行は配信されるだけではありません喜び。快適で効率的ですが、危険です。たとえあなたが法律を遵守しているドライバーであっても、ハックではなくても、経験の浅い、または急いでいる車愛好家に会う可能性は常にあります。道路の状態、気象条件はまた、緊急事態に入る可能性を高める。

あらゆる車両所有者の夢 - 予期せぬ事態が発生した場合、罪の程度にかかわらず、保険会社はすべての費用を負担した。既存の自動車保険は、自動車の運転中や事故の際に発生した損害をカバーできますか?ああ、必ずしもそうではありません。しかし、これに関係なく、すべての車の所有者は保険会社の顧客になります。

保険の最も一般的なタイプは、OSAGOです。略語の最初の文字は必須であることを示します。それは2003年の法令だけでなく、それがなければ、彼らが言うように、あなたは遠くに行かないという事実によっても作られました。交通警察に会うときに、車検をパスして車を再登録するとき、この保険契約はどこにでも必要です。関税は政府によって設定され、車のブランドとクラス、エンジンパワー、運転経験および他の要因に依存する。保険金額と車を使用する人数に影響します。強制自動車保険は、規則に違反し、事故の原因となっている被保険者が保険会社が負担する損失を補償する責任を負っていることを意味します。最大支払額は40万ルーブルです。しかし、非常に頻繁に大きな事故やいくつかの車の衝突では、これでは不十分です。犯人は逃した金額を支払って、自分の車を自分たちで元に戻す必要があります。このような状況を回避するには、別の種類の自動車保険(DSAGO)に頼ることができます.DSAGOを使用すると、自主的にメインの限られた範囲を拡大したり、車を修理することができます。

最近では、自動車保険の種類もう一つのオプション - CASCOを補充しました。この種は、政策を買って平和的に眠るという運転士の夢に最も近似しています。保険の合計は、自動車の市場価値です。そのような政策は、新しくて高価な外国車の所有者によって自主的に購入されることが多く、銀行で車を買うためにローンを取る人は必ずそれを購入しなければなりません。このオプションを使用すると、ハイジャックやダメージなどの危険から自動車を守ることができます。そのような方針の取得は安くはないが、10年以上の自動車は保険の対象ではないことを考慮に入れなければならない。

したがって、老朽化し​​た車両の所有者は、DSAGOまたは唯一のOSAGO自動車保険を使用しなければなりません。

保険市場はまだ若く、開発の段階。したがって、提案されたオプションの数は少ない。すでに記載されている主要なものに加えて、グリーンカード、​​乗客と貨物車の保険、オートバイの他のタイプの自動車保険があります。

どんな種類の政策が選ばれても、それは必要です保険はビジネスであることを理解する。より多くの顧客が金銭保険料の形で支払われれば、被保険者事件の支払いが少なくなればなるほど、会社の利益は大きくなる。後者の適切な選択から、必要に応じて費用をカバーするかどうかによって異なります。どのようなタイプの自動車保険が使用されても、異なる会社のルールは異なります。すべての条件は契約書に記載されています。契約書は慎重に読まれていないことが多く、事前に十分に議論されている多くの質問を見つけることができます。保険会社とその顧客が路上でそれに興味を持ち、事故がほとんどないということは、ただ一つしか落ち着かない。

コメント(0)
コメントを追加