組織の財産税に関する税申告。

財務

あなた自身のビジネスを始めることが一番ではありません主なもの。最も重要なことは、それが利益と良い収入をもたらすような方法でそれを導くことです。これは、すべての法令を遵守すれば可能です。そのうち、財産税申告で特別な役割が果たします。

多くは、その充填の正確さに依存する。 したがって、連邦税務局はこれに関するコメントを述べている。たとえば、組織の財産税に関する税金申告には、迷惑なタイプミスが含まれていることに気付いています。事実は、行141では、プロパティの平均年間値ではなく、残存値を指定する必要があるということです。

もう一つの興味深い質問: 別途貸借対照表を持たない不動産に関する声明を提出する必要がある場合と同様に、税金を支払う必要がある場合には、そして、ここに公務員によって導き出された結論があります。

税金を払い、すべての書類を持って来てください適切な貸借対照表の財産登録場所での報告が必要である。この場合、会社または組織の実際の場所とその別個の部門であり、原則として個別の貸借対照表があります。

別の残高を持たない子会社を開設した場合は、その所在地で納税申告書を提出する必要があります。

そのような重要な文書を組織の財産税の税申告書、それから彼らは主に個々の企業の財産に対する税金に注意を払う。それはすべての可動性および不動産に関する税金に過ぎず、このリストには、一時的使用のために会社に移転される財産、信頼に基づいてそれを含む適切と考える処分可能な所有権。

このタイプの税金は地域のグループに属しますしたがって、ロシアで働くロシア企業と外国企業はどちらも税金を払いますが、そのすべてが原則として駐在員事務所を通って仕事をしたり、私有地に不動産を持っています。

不動産税リターン組織は一定の割合を有しており、それは2.2%を超えてはならない。また、差別化された税率を使用することもできます。彼らの価値は、納税者が属するカテゴリーと、課税対象となる財産のタイプによって異なります。

財産税の計算式はかなりですシンプルです。組織の財産税に関する税申告が完了すると、課税対象となる不動産の平均年間価値が考慮されます。

基本税率は、会社の会計処理中に取得されたデータに基づいて計算されます。

私たちが課税期間について話したら、これは暦年。したがって、納税申告書は毎年3月30日までに提出しなければなりません。会社は、ロシア連邦税法の第30章に従ってこの税金を納付します。これらの税金の支払いは、私たちの国の被雇用者のために実施されているいくつかの立法行為である。

連邦共和国の被雇用者が税額を確定するとすぐに、税額控除が考慮されるとともに、使用可能なすべての根拠が考慮されます。

もう少し詳細があります: 報告期間が終了するとすぐに、前払いは予算に課金されます。原則として、その規模は税率と一定期間の財産価格の積の4分の1です。原則として、すべての前払いは、4月30日、7月30日、または10月30日、すなわち課税年度の終了時に支払われなければなりません。これは関連する法律で綴られています。

コメント(0)
コメントを追加