付加価値税の転記 - それはとても難しいですか

財務

付加価値税は重大な項目です。基本的な税制に取り組んでいる会計士のために。おそらく2つの税金だけが、莫大な数の租税紛争(所得税と付加価値税)を引き起こすだけです。特定の種類の活動を行っている企業やある種の財産を所有している企業が土地、交通、消費税、税金を支払う必要がある場合、ESSEのすべての商業団体は、この2種類の税金、つまりVATを支払う必要がありますプロパティ、利用可能なプロパティまたはアクティビティのタイプ。 VATの発生および償還の会計に関するすべての会計処理項目は、独立した貸借対照表上の会計士にとって最も重要で時には労働集約的な職務の1つです。これらの業務を維持する大規模な組織は、非常に多くの場合、別々の常勤ユニットを雇用しています。

VAT取引

VATを請求する場合

予算への支払いのために付加価値税を請求する必要がある場合、最も一般的なケースを考えてみましょう。

  • 商品、仕事、サービスの販売;
  • 顧客からの前払いの受領。
  • 以前に取得した固定資産の売却に関連するVATの回収(それが償却されたかどうかにかかわらず)。
  • 建設費、自己製作費に付加価値税が加算されます。

そして今、私たちはそれぞれのケースを別々に考えています。VATの取引が特定のケースにあることを直ちに示す。私はいくつかのアカウントでサブアカウントを提供しません。なぜなら、それらは異なる企業のために異なるかもしれないからです。

商品、仕事、サービスの実現

すべての商用企業は、この作品の活動は、作品、サービス、商品の実施をせずに、活動の最も重要な結果を得ることは不可能です。 VAT取引は次のようになります。

  • D62 - K90.01 - 販売された商品、仕事、サービス。
  • D90 - K68.02 - 予算に発生したVAT。売上金額に18%を乗じて計算します

顧客からの前払いの受領

あなたが知っているように、現金を受け取るとき各種サービスの提供、商品の販売、商品の販売の日付の前に、売り手は予算への前払いで受け取った付加価値税の額を請求しなければならない。この場合、配線は次のようにする必要があります。

  • D51または50.01 - K62 - 当座預金で顧客から金銭を受け取った。
  • D76AV - K68。02 - 前払い額から予算に課されたVAT。この場合、式18%/ 118%に従うと考えられる。つまり、前払い量は18で乗算し、118で割るか、またはその逆にする必要があります。最初に除算して乗算します。

以前に取得した固定資産の売却に関連するVATの回収(それが償却されたかどうかにかかわらず)

付加価値税の会計項目

Hによるとロシア連邦税法第2条に基づき、以前に購入した資産の売却は、付加価値税の対象となる所得とみなされます。さらに、この場合、VAT回収は一般モードの企業とUPDFの両方で「所得からコストを控除」モードで行う必要があります。結局のところ、売り手から発行された請求書に基づいて固定資産を取得した後、彼らは単一税金の課税ベースを削減する費用としてこのVATを受け入れました。付加価値税の会計項目は以下のとおりです。

  • D91.02 - K01 - 資産の償却を過去の費用で計上した。
  • D02 - K91.01 - このOSで償却された減価償却額は償却される。
  • D76 - K91.01 - OSの売却による未払利息
  • D91 - K68.02 - 予算への支払いのために付加価値税が請求されます。

自己完結建設工事の費用に対するVATの発生

独自の建設作業を行う場合独自のニーズ(いわゆる経済的手段)は、建設費と設備工事費のすべてに対してVATを課す義務があります。この場合、税金は18%の税率で課税されます。転記は次のとおりです。

  • D19 - K68.02 - 予算への支払いのために付加価値税が請求されます。

すべての課金エントリ
その場合は、

しかし付加価値税は、予算に払わなければならない。また、払い戻すこともできます。つまり、すでに仕事、財、サービス、または固定資産の供給者に支払った金額で予算に支払う金額を減らすことができます。さらに、VAT払い戻しは、作品、商品、サービスの販売中に顧客から受け取った前払金が相殺された場合に発生します。さらに、経済的方法によって実施された建設工事の額について、以前に支払った付加価値税を払い戻すことができます。しかし、これを行うには、いくつかのルールを守る必要があります。しかし、ここでは配線についてのみ話しており、今度はそれらに戻る予定です。そこで、我々はVAT払い戻しの3つのケースを考えます。

物品、作業、サービスの取得に関するVATの決済

この操作のVATトランザクションは非常に簡単です:

  • D08,10,26,20,23,41 - К60 - 商品、作業、サービスの供給者から受領したもの。
  • D68。02 - K19 - 請求書に基づいて商品、サービス、または作品を購入する際に、仕入先から請求されたVATの金額が控除されます。この場合、VATを相殺するための前提条件は、仕事、財貨、サービス、固定資産または会計のための資材を受け入れることです。

前払いの受領時に以前に支払ったVATの決済

この場合、VATは、以前に受け取った顧客からの前払いが彼の住所への売却によって閉鎖された月に考慮されます。 VAT取引は次のとおりです。

  • D62 - K90.01 - サービス、商品、作品の顧客への販売を反映する。
  • D68.02 - К76АВ - 前払額から以前に徴収されたVATの金額が控除の対象となります。

自費建設および据付工事からのVATの返済(経済的方法を使用)

  • D68。02 - K19 - 世帯の方法で行われた建設工事の金額から先に発生したVATの金額は、控除されます。このような相殺の前提条件は、この金額のVATの予算への支払い条件です。
</ p>
コメント(0)
コメントを追加