基本的に - これは...全体的な税制の特徴

財務

全体のシステムはかなり大きいビジネスエンティティに請求される控除のリスト。一部の企業は自主的にこのような体制を選択しており、一部は強制的にそうしている。この課税制度がどのようになっているのか、簡易課税制度からESSへの移行方法をさらに検討する。この記事では、一般モードで強制控除の機能についても説明します。

それはベースです

ESSE:税金

多くの起業家が、課税作業を簡素化し、特別税制を選択する。しかし、このような場合、被験者は法律で定められたいくつかの要件を満たさなければならない。それ以外の場合は、デフォルトで一般税制として認識されます。超所得予算とESSの予算にはどれくらいの金額が支払われますか?これは:

  1. 付加価値税。総料金は18%です。製品の特定のカテゴリについては10%を設定します。輸出は付加価値税なしで行われます。
  2. 収入からの控除(20%)。
  3. 財産税法人。貸借対照表上の資産の価値の2.2%の割合で計算されます。
  4. NDFL - 13%。
  5. FIU、MHIF、FSSへの寄付。彼らは給与基金の30.2%を占めています。

アクティビティの詳細に応じて、輸送、土地およびその他の費用も帰属する場合があります。 OSNOのSPでは、以下の義務的支払いが確立されています。

  1. 付加価値税。
  2. 個人所得税。
  3. 財産税物理的人物。
  4. 現地手数料。
  5. 必須の超卒業献金。

睡眠から主流への移行

指定された税金の種類の計算は、関連する法律上の行為で規制されている一定のスキームに従って行われます。

費用および損益計算書:現金法

開催される最初のイベントの1つ簡略化モードをESSに変更すると、期間の基底が形成される。この場合、経費と所得を再検討しないことが重要です。つまり、入庫と支出がすでに早期に修正されている場合は、システムが変更されたときに再度反映する必要はありません。この法律は、ESSで現金法を使用する企業の所得経費明細の形成のための特別な手続きを規定していない。つまり、そのような企業にとっては、原則として何も変わることはありません。

発生方法

コストを決定している企業収益はこのオプションを使用しますが、特別注文がESSに確立されます。これはArt。 346.25 NK。収入の構成は、単純化されたモードの使用期間中に形成された債権を考慮している。実際には、納品されたが支払われていないサービスや製品の費用は含まれていなかった。特殊モードで受け取った未公開の手数料は、ベースに影響を与えません。したがって、前払いの全額は、簡素化された税制の基盤に含まれています。

アンベース

経費

これには、未払いのクレジット額借金たとえば、特別制度が一般に変更される前に製品が受領され、支払いはESSの設立後に行われました。これは、利益のための予算配分を決定する過程で在庫のコストを考慮する必要があることを意味します。これは、企業が簡略化されたモードを使用しているため、現金方式を使用しているためです。支払勘定の費用は、ある税制から別の税制への移行が発生する月に反映されるべきである。これらの要件は、パラグラフ2のアートに記載されています。 346.25 NK。簡易課税期間中に発行された前払金は、EITの設立後に控除されます。報告は、カウンターパーティが前払いを終了し、債務を履行した後に行われます。

重要な点

それは無形資産について別々に言わなければならない。および固定資産。指定されたオブジェクトが取得され、簡素化された課税の期間中に企業によって使用され始めたとき、問題はありません。この場合、すべての費用は既に請求されます。

報告ベース

付加価値税

OSNOに切り替えるとき1月1日から、会社はこの税の支払人になります。したがって、第1四半期から、すべての関連する取引に課税されます。事前に販売されているサービスまたは製品には、特別ルールが規定されています。 3つのオプションがあります。

  1. 前期に前払いを受けた後、実装は同じでした。この場合、付加価値税は課金されません。これは、過去1年間に企業がシンプルなシステム上にあり、ESSへの移行の事実はここでは無関係であるという事実によって説明されます。
  2. 前期に前進を受け、総体制の確立後に実施された。この場合のVATは、出荷日に課金されます。これを前もって行う必要はありません。
  3. 前払い領収書および売却が発生したOSNOへの移行後この場合、VATは前払いと出荷の両方に課金されます。前払いで設定された導入事実に関する税金を有効にすると、控除することができます。

前払いなしで販売が行われた場合、出荷はECHOへの移行後で、VATが請求されます。単純なシステムで配信が行われた場合、それに応じて企業は支払人ではありませんでした。したがって、この場合のVATは請求されません。

 課税ベース

入力VAT

場合によっては、取得資産に対する税金簡素化されたシステムでは、OSNOへの移行後に会社は控除することができます。これは、控除の計算時に生産コストを考慮していない場合に許可されます。たとえば、これは、資本構成のために購入された契約作業および資材であり、会社は完了するための時間がなく、簡素化されたシステムになっています。

コメント(0)
コメントを追加