非流動資産の再評価。貸借対照表の1340行目

財務

市場経済では、様々な価格会社が経済活動のために購入できる商品は絶えず変化しています。当年度の固定資産の購入費用は、その商品が購入された資産と大幅に異なる場合があります。企業は、所有している財産の物件の価格の変化を追跡し、価値の特別な再計算を行い、その差額を考慮に入れることができます。このプロセスを財産の再評価(以下、PIと呼ぶ)といいます。 PIを実施するシステムの説明に進む前に、いくつかの概念を検討してください。

非流動資産とは何ですか?

非流動資産(以下「BOA」という。)は、会社の財産であり、常に経済活動に使用されています。当社が長期的に商品に転換しない財産は、非流動資産である。 VOA社会には、繰延税金資産、無形資産、土地、自然管理施設、建物、構造物、運送、家畜、各種機器、事務機器などが含まれます。

固定資産の再評価

HLWを決定する主な基準はその使用期間は12ヶ月以上(または12ヶ月を超える場合は1回の営業サイクル)でなければならず、収入を生み出すことができる財産として(労働手段として)会社内に存在すること。また、非流動資産には、1年以上にわたり会社所得をもたらす様々な金融投資、またはこの期間の満了後に将来的に報酬を支払う投資が含まれる。特定の瞬間に何らかの理由で会社の生産活動に関与しないかもしれないが、同時にSAIによって考慮されることは注目に値する。財産をSAIに帰属させる場合、この場合の支配的な役割は、所得を生み出すためのものではなく、所与の目的のための買収の理由によるものです。 PIの場合、主な役割は、固定資産の市場価格によって決定される固定資産の価格で行われます。

交換価格と市場価格は何ですか?

交換価格は全額です。損害が生じた場合の財産の復旧。言い換えれば、これは、古いものが生産活動への参加を中止した場合に、会社が正確に同じアイテムに対して与えなければならない金額である。市場価格は、あなたが今購入したアイテムを販売することができるコストです。つまり、購入直後(会計に含まれている時点で)に物件を売却することを決定した場合、取得可能な金額です。

本質的には、回復と市場価格に差はありません。たとえば、ある企業が無料の財産を取得した場合などは、市場価格で会計に含まれます。それで、市場価値は元の価値になると言えます。私たちの場合、市場価格は回復しています。

非流動資産の再評価額とは何ですか?

PIは、購入された価格の改訂版です。この値を修復と比較することによって、会社の財産の特定の項目。最初の購入価格が修復と著しく異なる場合、非流動資産の切り下げまたは再評価を行う必要があります。これらの指標間の重要な差異は、法律によって厳密に定められているわけではありませんが、一般的に許容される限度は5%の差です。不動産の初期価格が交換品の5%未満の場合は、追加の評価を行う必要があります。元のコストが5%を超える場合は、マークを付ける必要があります。将来的には、追加的な評価と格付けを反映させるべきである。貸借対照表において、非流動資産の再評価は1340行である。

貸借対照表上の固定資産の再評価

PIは次のようには必要ありません一般的な課税システム、および簡略化された。会社は必要になった瞬間まで、資産をすべて再評価することはできません。しかし、これは、企業がいつでもPIを実行できることを意味するものではありません。この手続きを行う決定は、会計方針に盛り込まれるべきである。

PIが関心を持つかもしれないことに言及する価値はある会社とその部品のすべての財産として。つまり、それはすべてのものを過大評価する必要はありません。 PIの下では、均質な物体の特定のグループが形成されるべきである。しかし、立法府は厳格な分類をしていない。社会はこれらのグループを自己識別することが許されている。一貫性の下では、例えば物体の位置や色などのようなものを理解すべきではない。この場合、重要な技術的特性、使用目的などがあります。同様の項目のグループも会計方針で修正する必要があります。 PIには、価格を直接再計算する方法と、インデックスを作成する方法の2つがあります。

PIの意味は?

記事の冒頭ですでに述べたように、BOA会社になることのできるさまざまなものが絶えず変化しています。非流動資産の再評価により、これらの資産の当初のコストさえも可能にし、一定の時点で市場の価格と同じにすることができます。

PIには多くの理由があります。 財産の一部または社会全体を売却する必要がある場合は、それを行う必要があります。会社が投資誘致を決定した場合は、引き分けがローンに関連する場合は、PIを支払う必要があります。そのためには、担保の価格を確実に決定する必要があります。そして、この約束は会社の財産であるため、ここではUIなしでは不可能です。有価証券の発行を決定した場合、当局は有価証券を発行する会社(発行者)の実際の財務状況を知る必要があるため、財産の再評価も行われる。

非流動資産は何ですか?

投資を改善するだけです潜在的な投資家の魅力にもPIが必要です。会社の純資産が公認資本を下回ると、会社は破産のリスクを負う。したがって、資産の価値を明確にするためにも財産の再評価が必要です。不動産を保証する決定が下された場合は、保険基盤を形成する必要があります。 PIも必要です。また、再評価の理由には、企業の合併および買収のプロセスが含まれます。特に、これらのプロセスが国際財務報告基準(IFRS)に基づいて運営されている外国企業に関連する場合。このような場合、PIは必須です。不動産の陳腐化により、市場価格が新規開発の背景に比例して急激に下落した場合、再評価により、既存商品の価値を市場価格と等しくし、社会の財務状況に関するより正確な情報を得ることができます。 PIには他の理由もあります。

再評価期間

会社が一度評価した場合非流動資産の場合、組織の全期間を通じて定期的に実施されなければならない。 PIのシグナルは、会計上許容された財産の価格とその市場価値との間の上記の大きな変化である。会社での再評価は1年に1回以上行うべきではない。会計方針でこの手順の特定の期間を設定することは可能ですが、予定外のUIを作成する可能性について予約がある場合は可能です。この要因を考慮して、当社は、最初の再評価後、毎年、所有しているすべての財産について、市場価格で情報を見つけるべきである。また、5%の有意差がある場合は、結果の切り下げまたは追加評価を行う必要があります。

12月31日

現在の規制に従って、PIは12月31日に近い、すなわち年末に保持し、別々に反映する。新年では、財産品は新しい価格で会計処理されます。質問が発生します。PIの年中を過ごす必要がある場合はどうすればいいですか?立法的には、この問題はどこでも規制されておらず、つまり、会社は年度の途中で再評価を行うことができますが、初めからのデータが考慮されます。

UIメソッド

再評価を行うには2つの方法があります - 再計算直接価格とインデックス。変換の方法が最も一般的です。その実施のためには、PIの対象となる品目の市場価格を決定する必要がある。この情報については、製造元のウェブサイト、特殊文学、政府統計、独立した鑑定士のサービスなどを使用することができます。その後、次のセクションで説明する計算を使用して再評価することができます。

第2のPI方法は事実上使用されない。 それを実施するには、デフレーター指数 - 価格指数(この場合はBOA)を知る必要があります。 2001年まで、州統計機関は定期的にSAIの価格指数に関する情報を提供した。現在、このサービスは、同じ統計機関からの料金でのみ入手できます。

PIの数式

非流動資産の再評価不動産項目だけでなく減価償却累計額も考慮する必要がある場合、PIの時点で減価償却費(減価償却累計額を含む)を計算する必要があります。減価償却には4つの方法がありますので、このステップはスキップします。

直接翻訳方法

再評価される対象の市場価格を決定した後、数式を使用します。

O = PC / PS * 100 - 100、ここで、

  • O - パーセンテージとしての価格の偏差。
  • RSは市場価値です。
  • PS - 以前にアイテムが過大評価された場合の回復の初期または現在の価格。

非流動資産の再評価行1340
計算後にパーセントを取得する必要があります(正または負)。正のパーセンテージが5%を超える場合、これは固定資産の価値の増加に対するシグナルであり、追加の見積もりが必要です。負のパーセンテージが5%未満の場合は、減額する必要があります。再評価または値下げの価値は、初期価格と代替価格の差です。

次に、減価償却費を再計算する必要があります。

PA = A * Oh、ここで

  • PA - 再計算された減価償却費。
  • A - 減価償却費(累積を含む)。
  • O - 価格の偏差。

索引方法、または索引付け方法

この場合、回収(市場)価格は、直接再計算の場合のように外部からの情報を使用して決定されるのではなく、デフレーター指数を使用して計算されます。

SU = PS * ID1 * ID2 * ID3 * ID4ここで、

  • サン - 交換価格;
  • PS - 以前に過大評価されていたアイテムの初期または現在の交換費用。
  • ID1-ID4 - 報告年度の4分の3の間、BOAのデフレーター。

交換価格を計算した後さらなるアクションは、価格を直接再計算するときのアクションに似ています。これらの計算および勘定に対するPIの会計処理(以下を参照)の後、貸借対照表の非流動資産の再評価が反映されます。これがこの手順の最終段階です。

PIシステム

被験者が初めて再評価された場合、再評価剰余金は「追加払込資本」83に計上され、減額は91.2「その他の収益および費用」に計上される。 UIが年初に保有されている場合、切り下げの場合、その額は84勘定 "残存利益(未払損失)"に計上されます。上記の計算式で計算された減価償却費も再評価する必要があります。同じ取引が行われ、デビットとクレジットのみが取り消され、減価償却勘定が使用されます。何も難しいことはありません。

非流動資産の価値の増加

最も興味深いのは、被験者は既に早期に過大評価されている。この場合、新たな再評価剰余金は追加資本に計上される。それが古いマークダウンに等しい場合、それはアカウント91.1のクレジットに追加されます。再評価剰余金が前回の値下げよりも高い場合、残存価値は追加資本になります。

アイテムがすでに過小評価されている場合は、マークダウンの価値に付加的な資本。前回の値よりも大きい場合は、最初に追加の資本が前回の再評価剰余金の値だけ減額され、減価償却残価は、年末(12月31日)に手続きが行われた場合は91.1に、1月1日の場合。

アイテムがすでに切り下げられている場合は、年度の始めにマークダウンが発生した場合、新しい値は91.2または84を参照します。

転記

固定資産項目のPIの例を考えてみましょう。

再評価(最初のPI、またはそれ以前に再評価があった場合):

  • Dt 01 Kt 83 - 追加評価の反映。
  • Dt 83 Kt 02 - 減価償却費の増加。

マークダウン(最初のPIまたは以前にマークダウンがあった場合):

  • Dt 91.2 Kt 01 - マークダウンの反映。
  • Dt 02 Ct 91.1 - 減価償却費を削減する。

Markdown(今年の初めの最初のUI、または以前にマークダウンがあった場合):

  • Dt 84 Kt 01 - マークダウンの反映。
  • Dt 02 Ct 84 - 減価償却費の削減。

固定資産の再評価

再評価(以前は値下げがあった):

  • 午前01キロ91.1 - 再評価剰余金の反射。
  • Dt 91.2 Kt 02 - 減価償却再評価。
  • Dt 01 Kt 83 - 再評価の残存価値。
  • Dt 83 Kt 02 - 減価償却残価。

マークダウン(以前は再評価余剰があった):

  • Dt 83 Km 01 - マークダウンの反映。
  • Dt 02 Kt 83 - 減価償却費。
  • Dt 91.2 Kt 01 - マークダウンの残存価値。
  • Dt 02 Ct 91.1 - 減価償却の残存価値。

Markdown(今年の初めに、以前は再評価余剰があった):

  • Dt 83 Km 01 - マークダウンの反映。
  • Dt 02 Kt 83 - 減価償却費。
  • Dt 84 Kt 01 - マークダウンの残存価値。
  • Dt 02 Ct 84 - 減価償却の残存価値。

貸借対照表におけるPIの反映

年度末に実施されたPIは、貸借対照表を個別に1340行目の「非流動資産の再評価」に記載しています。同時に、1130行目の「固定資産」は固定資産に反映されるべきであり、IPの結果はそれに含まれ、1350行目の「追加資本(PIなし)」は、PIの結果ライン1340に記入するための情報は、アカウント83のクレジット残高の値を使用する。

コメント(0)
コメントを追加