失業している市民に融資を受けることは可能ですか?

財務

今日では、(何らかの理由で、スタッフの最適化と呼ばれることが多い)退職に対しては誰も保証されていません。公務員も従業員もいません。

失業者への融資
あなたが安定した収入を得ても、彼はしないあなたは失業している市民です。しかし、公務員、従業員、失業者は、銀行からのみ借りることができる大量の資金が必要になることがあります。そしてその瞬間から、人々は失業者への融資などのことを掘り下げ始めます。

失業者のためのローンを入手する場所
主な難しさは何ですか? 事実、融資の可能性を評価するための主な基準の1つは、クライアントのソルベンシーを評価することです。そして、彼が収入を何とか確認できなければ、ローンのお金を忘れることができます。銀行はそれを危険にさらすことはありません。

それでも、あなたは失業者に融資することができます。それを得るための数多くの可能性があります:

•収入の証明書を提出することなく;

•仲介業者の助けを借りて。

•私的投資家に連絡する。

•ビジネスのためのローンを取る。

最初のケースでは、失業者への融資はエクスプレス貸出プログラムの1部。彼らの主な欠点は、共食い金利です。したがって、貸し手は、破産していない借り手による債務返済のリスクから自分自身を守ろうとしています。

2番目のケースでは、おそらく人々を助けることに興味がある組織。実際、その利益は、申請者に支払われた手数料です。ほとんどの場合、ブローカーに関わる融資は高い割合を占めています。また、担保として不動産や自動車を提供する必要があります。あなたに私のアドバイス:混乱しないでください。

また、失業者への貸付は、私的投資家。しかし、セキュリティがなければ保証はありません。また、そのような恩人の活動は誰にも制御されていないことに注意してください。このような「パートナーシップ」の結果は予測が困難です。まあ、すべてがうまくいけば。そしてもしそうでなければ?

最後のオプションは完全に合法です。 ここで、州は失業者に融資を行います。すなわち、市民は、彼が事業計画を成功裏に守り、自分の事業を登録するための手続きを完全に完了した場合に限り、失業手当を受けることができます。

どこでローンを取るべきかという疑問に対するもう一つの答えがあります。失業者に。それは違法な手伝いだ。確かに多くの広告を見ている、その意味は、いくつかの仲介業者が融資を得ることに彼らの援助を約束しているという事実にある。この場合、所得と信用履歴のレベルが重要でないという事実に特に重点が置かれている。

失業者に融資する
類似のディーラーとの協力の本質以下の通りです。失業している市民は、ワークブックに偽の切手を入れ、銀行に行く。仕事場を確認するときに、銀行経営者が借り手が仕事をしている "企業"を呼び出すと、特別な人(偽者)がこの事実を確認します。しかし、そのようなスキームは、信用と金融機関が若い場合、つまり顧客基盤が限られているという意味でのみ機能することを理解する必要があります。彼らが言うように、隠蔽する袋の隠蔽がうまくいかない場合、責任の全容は失業者の衰弱した弱点になる。明らかに仲介業者は見つかりません。だから100回考えると、それはリスクに値するでしょうか?

コメント(0)
コメントを追加