純利益計算式

財務

任意のビジネスマンまたは個人利益は起業家にとって重要です。これが結果であり、これは同時にビジネスの発見の理由です。利益がなければ収入を得ることを目的とした活動は意味をなさない。経済市場で製品を成功裏に宣伝するためには、メーカーはさまざまな指標の分析、計画、追跡を行う必要があります。会社の将来の発展に影響を与える係数の無知は、否定的な結果につながる可能性があります。会社の成功を示す要因の1つは、純利益の指標です。それは従業員への賃金支払いの適時性、経営者の収入、企業の財政問題を解決するための資金の創設に依存する。指標を計算するには、純利益計算式を使用します。記事を読んだ後、誰もがこの係数が何を表し、どのようにそれを認識するかを理解することができます。

純利益計算式

定義

純利益は不可欠な要素です評価されたすべての拠出金(税金、現金、手数料)の最終支払い後に処分された残りの会社の貸借対照表利益。これは、組織のすべての構造部門のパフォーマンスを反映して、企業の最も重要な経済指標です。 「経済的利益」という語句と混同してはなりません。この要因は、報告期間全体にわたる当社の活動の結果である。計算時に純益計算式が与えられた結果、収益性、財務安定性、流動性を表す係数を計算することができます。この要因は、倒産、信用と支払能力、投資の魅力などの状態を評価する方法の承認に使用されます。

純利益が重要な者

投資家は、この指標を、会社の収益性の決定、財務フローの生成能力の決定純利益のおかげで、貸し手は、企業の経済的信頼の割合と負債を支払う能力を決定することができます。この要因は、企業の価値に影響を与えます。これは、マネージャーやオーナーにとって非常に重要です。純利益の観点からは、サプライヤーは必要な期間内に提供される資材や部品の支払い能力を決定します。マネージャーはまた、純利益という用語を使用します。計算式は、企業の持続可能性要因を決定するために必要な数、革新的技術の開発の機会、および生産資産の更新に必要な数を得るために使用されます。

純利益式

インジケータに影響を与える要因

キャピタルゲインの主な源は純利益。計算式を使用すると、係数を得ることができます。この係数に基づいて、所有者は、開発の見通しを考慮して、企業がその後に追求する配当および投資方針を決定します。この指標は、売上高、費用水準、通常業務の財務実績、所得税の額およびその他の必須支払いによって異なります。

純利益の実現

これらのツールは更新に使用されます生産資産、棚卸資産の創出、労働者の専門的な開発、革新的技術の開発、準備金の創出、慈善事業、外国と国内投資、株主配当の計算

純利益分析

全体のダイナミクスとキャラクタを決定することができます企業の効率性の定期的な変更。純利益は、季節性だけでなく、固有の振動です。いくつかの重要な指標間に強い相関関係がある。これらのデータには、純利益、売上高および会社純資産の動向が含まれます。

企業の信用格付けは、投資クラスに使用された見積もりを決定する際に、貸借対照表上の純利益の計算式。この格付は、外国投資家からの資金の流れを効果的に引き付けることを可能にします。

純利益計算式

純利益の計算:数式

この指標は、必要なすべての支払い(税金、手数料)の後の総利益の残高に等しい。研究期間中に一定の期間(年、四半期)が取られます。

それで、財務、総額の合計の結果その後の税額控除による営業利益は係数を形成する。これは純利益です。計算式を簡略化することができます。指標は、税引前利益と義務的支払いの規模との差に等しい。得られた結果を記録するために、様式2が使用されます。損益計算書の190行目で指定された指標は、会社の発展見通しをさらに決定するために使用されます。

計算のアルゴリズム

まず、必要なレポートを決定する必要があります要約する期間。図は選択された時間だけ表示され、そうでない場合は結果が正しく表示されません。目の前には純利益の式が必要です。インディケータ情報を決定するには、財務、総経理、営業利益および税額に関する情報が必要です。

純利益式

計算手順

まず、総収入の量を決定する必要があります。これは、提供されたサービスまたは売却された商品による収入です。

次に、総純収入を計算する必要があります。 これは、顧客に寄付された賞与の額が控除される収入金額と、受け取った商品またはサービスの拒否の場合に消費者に返還される資金です。

企業の純利益を決定するためのその後の行動

次に、製造製品の総コストを計算する必要があります。この金額は原価に含まれます。これには、サービスを提供するコストが含まれます。

次に、総利益を分析する必要があります。これを行うには、第2段落で定義されている純利益から製品のコストを差し引きます。

最後に、純利益を計算することができます。 数式を使用すると、他の係数のさらなる分析に使用できる結果を得ることができます。粗利益の尺度を得るには、営業経費およびその他の必須拠出金を控除します。罰金、融資、税金、控除の支払いについてです。

純利益残高式

国際基準

数多くの研究のおかげで世界経済学者によって実施され、純利益の公式を得ることを可能にする最小係数が計算された。それは14%に等しい。数字が指定された数字よりも小さい場合、会社は総所得の大きさにもかかわらず、不採算とみなされます。比率に達すると、会社が発展し始め、活動は利益を上げます。

企業の純利益の特定の具体例

まず、収入と費用が計算されます。 その後、企業の業績から純利益(または損失)を決定することができます。事業費は事業収入から控除される。結果として得られる数値は、損失と純利益の両方になります。収入と支出のバランスの式によって、それらの差が決まります。結果の数字は正の数である可能性があります。結果は純利益として記録されます。計算式を使用すると、計算と損失が可能になります。費用が所得を超過すると、その差はマイナスになる。結果は純損失として計上されます。所有者が複数の企業を所有している場合、計算はそれぞれ個別に実行されます。

純利益マージン式

収益性の決定

これは経済効率の指標です。組織の収入のどれだけが利益であるかを示す、企業の活動。さまざまなバリエーションがあります。最も一般的に引用される総利益率と純利益率。この指標は起業家にさまざまな手段の有効性のレベルを知らせます。これらには、物質的、労働的、金銭的およびその他の資源が含まれる。純利益の計算が始まるとき、必ず収益性と損失が言及される。第2の基準は、罰金、罰金、罰金の支払いによる収入と損失の差を最も正確に反映する指標です。

収益率

これは、特定の以前の純利益は、その構成に含まれるすべてのリソースおよび資産に適用されます。結果をパーセントで取得するには、係数に100%を掛ける必要があります。総利益、純利益および営業利益の収益性があります。流動資産、非流動資産およびその他の資産。自己資本。最初の3つの指標は、製品の販売中の売上高の経済効率を示しています。

残高の純益計算式

純利益に対する利益:式

この比率は、比率の尺度である特定の販売数量の純利益。いくつかの数字によって、純利益の収益性を判断することができます。計算式はあまり複雑ではありません。損益計算書の形式№2で指定された十分なデータの比率を決定する。

収益性の計算これは、純収益と総収益の比率です。結果の最小値は、業界および組織の他の機能によって決まります。いくつかの機関の同じ経済的な仕事で、長い生産サイクルの企業の収益性は高くなります。

ノート

このインジケータそれは既存の組織の収益性や不採算性を示していますが、その投資にどの程度の利益をもたらすかという問題に対する解決策ではありません。この問題を決定するには、資産と資本の収益性を計算する必要があります。

コメント(0)
コメントを追加