為替レートの違い。為替差異の会計処理。為替差異:取引

財務

今日存在する法律ロシア連邦の2011年12月6日付連邦法第402号「会計上」に基づき、厳密にルーブルでの事業会計処理、負債および財産の会計処理が行われます。税務会計、より正確には、その保守も特定の通貨で行われます。しかし、一部の収入はルーブルではありません。外貨は、法律に従って、換金されなければならない。さらに記事では、そのようなことを「交換差異」とみなします。これらの資産は何ですか?彼らはいつ登場するのでしょうか、それはどのように文書に反映されていますか?

一般情報

交換差

法律では、現金取引組織の口座は、取引当日にロシア連邦中央銀行が設定した為替レートでルーブルで開催されます。計算時以外の別の日付で再計算が許可されている場合に合法的に提供されます。再評価日に関する為替相場の変動(変動)が生じた場合、為替相場の相違が生じる。取引を反映すると、追加の収入または費用が発生します。為替差異は、一定の為替レートでの状況を除き、異なる時点で外国の通貨で表された同じ資産(要件、負債)を評価する場合に発生します。

会計と税金のバランス

為替相場の会計処理は、税金、会計ではそうです。しかし、ドキュメンテーションに反映されることには、いくつかの違いがあります。税務会計は、為替差額と合計差額を規定しています。会計伝票には1つのタイプしか反映されません。交換差のみを提示します。この場合、コンセプトの基本的な本質は、会計と税金のバランスも異なります。したがって、各タイプの計算はそれ自体で適用されます。税務会計における為替差の出現に影響を及ぼす最後の要因ではなく、課税ベースを計算するオプションです。現在の法律によれば、納税者は、現金法または発生手続を適用する権利を有する。

会計

交換差

為替差異は外貨で行われた債権または債権の取引。そのような場合には、一定の条件を守らなければならない。業績日における通貨単位の為替レートは、報告期間中の会計上の反映へのコミットメント時のものと、前回の修正再表示が発生した報告日の指標とは異なる。

他の場合にも起こる。たとえば、再計算トランザクションの場合:

  • 組織のキャッシュデスク内の通貨単位のコスト。
  • 銀行口座の資産。
  • 現金、支払い書類;
  • 有価証券

交換差はどのように反映されていますか?

資産は、特定の要件。ドキュメンテーションの反映には固有の特徴があることに注意してください。したがって、会計処理における為替相場の会計処理は、他の種類の費用および収益とは別に計上される。同時に、公認資本への拠出による和解の場合を除き、検討中の資産は会社の財務的および経済的結果に強制的にクレジットされる。次に、会計文書のマッピングは、収入(成長率の場合)または費用(落札の場合)の形で記録されます。

差異の転記

創業者の資本分配への貢献

これらの領収書は、ルーブル。法定書類に基づき、創設者の資本に対する寄与が外貨で行われている場合、これは口座80の会計文書(「許可資本」)に反映される。これらの為替差額はどのように記録されています中央銀行が法人の登録時に設定する金額でルーブルでの転記が行われます。債務者が債務を返済した場合や、報告日に既に発生した通貨債務を再計算する場合には、追加の資産が表示されます。それらは第83勘定(追加資本)に計上されます。また、報告日の再計算によってマイナスの交換差異が明らかになる状況もあります。この場合、借方記入の実務は株式資本を減らすことを目的としています。同時に、デビット残高は無効です。したがって、組織の創設者は、報告期間中に固定金利を設定することが奨励されています。報告期間中に1回または2回再計算する必要があります。ただし、組織の活動の過程で交換差異が依然として発生した場合は、91(「その他収益および費用」)または84(「利益剰余金または未払費用」)の口座に反映されることが推奨されます。このような状況を防止するために、組織は株式資本に為替差異のマイナスの手続きを導入することを推奨する。

報告

会計には、その他の収益または費用。金額が外貨単位で表される業務トランザクション、負債および不動産のタイプに関するデータを集計する場合、検討中の資産の個別の表示が必要です。同時に、外貨の購入および売却に関連する収益または費用は、為替差損益の合計額で考慮されないものとする。資産の規制が実施される一定の手順がある。特に:

  1. 海外部門における債務の再計算から生じる為替差異は、開示の対象となる。この場合、お支払いの条件をお金で遵守する必要があります。
  2. 外貨建債務の再計算の結果によって形成される資産。この場合、支払いはルーブルで行われなければなりません。
  3. 組織のバランスによって保持される交換の違い。しかし、資産は会社の財務的成果を考慮した口座を通らなかった。
  4. 協定の当事者が設定したコース報告日(場合によっては、報告時に中央銀行が設定したルーブルに対する通貨の公式為替レートかもしれない)。
    為替相場の会計処理

ただし、最終報告書には損益に関するデータ、外貨建債務の再計算の結果として生じる資産が含まれています。 (追加の資本勘定に表示されているものを除いて)所得を構成する為替差額は、090行(様式2)に従い、その他の収益に含まれている。費用を構成する部分(追加の資本勘定に反映されている部分を除く)は、100行目(形式2)に沿って通過し、その他の費用に含まれます。

税務書類

活動別の為替レート差組織は収入または費用を生み出すことができます。特定の企業の活動から生じる財務結果を決定することを目的とする会計ドキュメンテーションとは異なり、税務報告の主な任務は、予算に支払われる税金が発生する基礎を決定することです。この場合の為替差異は、このベースを増減するという観点から考察される。税務書類では、組織の収入を増やす資産をプラスと呼びます。ロシア連邦の現在の税法によれば、かかる領収書は営業外収益に含める必要があります。組織の経費を増加させる為替差額は、税務会計ではマイナスと呼ばれます。ロシア連邦で採用され運用されている現行の税法によれば、かかる資産は営業外費用に含める必要があります。

交換差

組織の実践的活動

為替相場の違いは債務、債権、外貨建ての財産の再評価。従って、それらの支払いは、同じ通貨単位で行われなければならない。義務、債権、財産の再評価による支払いがルーブルで行われた場合、レートの変動によって生じる差異を合計と呼びます。同時に、事業の過程で現金ベースで働く納税者は、そのような資産にまったく遭遇しません。このアプローチによる為替差異は、外貨で表示された組織の価値の再評価時に、または会社が保有する通貨単位の直接的な再評価によって発生する。

税務申告の反映

税の記録は、発生を考慮に入れます報告期間中の最後の番号だけでなく、取引を交換する。彼らが現れるたびに起こります。総レシートの会計処理は、為替レートとは対照的に、債務の直接返済のみで行われます。この場合、資産は課税ベースの規模に影響を与えません。これは、それらがドキュメンテーションの報告日に計算されないという事実によるものである。現行の税法の枠組みにおけるこれらの条件は、納税者にのみ有効であり、その基礎は税率を反映するための発生基準である。活動の過程で企業や企業法人の業務に適用される場合、累積資産はまったくありません。為替相場の差の出現は、勘定科目または会社の現金収支にある通貨単位の残高で表される通貨価値の再評価によるものでもあります。

差異の転記

宣言の反映

正の(交換)差税務書類は、営業外収益の構成において、宣言書第2号の第100号に記載されている。したがって、負の資産は営業外費用に分類されます。彼らは附属書2から宣言の02シートに200行目を渡す。

税務書類の株式資本への投資

現在の税法の枠組みでは収益の支払いを計算するために使用される課税ベースを決定する際に、所有者から受領し、権限のある資本を増やすことを目的とした組織の資金を考慮しないことが許容される。さらに、納税者から生じる利益とはみなされず、企業に移管された株式(株式)と引き換えに取得された財産権を受け取った。これに関して、株式資本の変更を目的とする為替差損益は、それらに対する法人所得税の算定の根拠とはならない。

財務結果と課税ベースの違い

モーメントの異なる定義の結果会計および税務書類に考慮されている為替レートおよび総資産の発生は、組織の最終的な財務結果と所得税の計算に使用される税率との間の不一致である。しかし、この不一致は本質的に非永続的な現象であり、一時的に課税可能な(控除可能)差異のカテゴリに含まれるため、この矛盾は重要ではありません。組織の利益税を計算する際には、書類作成の準備において、形成された資産が将来考慮されなければならない。

結論

為替相場の会計処理

会計活動形成された資産の文書化は、法律で定められた手続に従って行われます。外貨で設定されているが、ルーブルで支払われているすべての債務の為替差額は、債務の返済日または報告期間の最終日に再計算された結果生じる。これは税務会計との違いの1つです。上記のとおり、債務の返済時にのみ発生する資産の算定を規定している。同時に、報告日の会計処理で生じた為替差異は、所得税の算定の基礎とはならない。

コメント(0)
コメントを追加