相続税。義務と法律によって相続に入るときに支払われる税金

財務

今日私たちは税金に興味があります継承。そのような支払いはありますか? 2018年にロシアでどれくらいの成果を上げましたか?この地域の人口に何らかの利益がありますか?そして一般に、市民は継承の順番で財産を受け取るときにどのような経費を払わなければなりませんか?次に、これらの問題をすべて理解しようとします。実際には、すべてがそれほど難しいとは言えません。

継承を得る方法

継承は個人の収入に課税されますか?あるいは市民は税金を免除されていますか?

ロシア連邦税法

まず、継承によってプロパティを取得する方法を見つけます。このことから、ある程度、タスクを実施する過程で与えられる金額は依存することになる。

ロシアでは、遺言者から財産の移転を行うことができます:

  • 法律によって。
  • 遺言書に書いてある。

これに課税されるのか、それとも継承のシェア?そしてその全部で?このような質問を理解することは難しくありません。特に、現在のロシア連邦税法をよく勉強すれば。

税金 - そうするかしないか

遺産からの所得税が払われますか?そのような操作に比べて他の税金が支払われますか?

現行法では、継承の順に受け取った不動産に対する所得税は課税されません。この規則は、税法第217条に明記されています。

この場合、この状況における親密度は何の役割も果たさない。すべての相続人は財産を取得する際に課税されません。しかし、例外があります。

課税されるもの

私たちは何を話していますか?不動産税はロシアでは徴収されません。そして、他の財産はどうですか?

ウィルと税金

市民からNDFLが13%必要です創造性、科学、知的活動などの成果に対するいかなる報酬も相続によって受け取ることができます。これはイベントの開発の非常にまれなバージョンです。

義務的な支払いについて

それにもかかわらず、遺言者からの財産の取得は、いくつかの経費を提供することに留意すべきである。すべての現代人はそれらについて知っておくべきです。

相続税は、継承の義務に関して頻繁に使用される用語です。この文脈では、この種のフレーズを使用します。

料金は必須です。 しかし、その規模は、死亡した市民から財産を得る方法に依存します。さらに、継承に入るための強制コストを決定する際に、親族の程度が考慮される。だから、この場合、あるいはそのような場合にどんな手で遭遇することができますか?

意志によると

例えば、女性が相続財産を受け取った場合、そのような状況で税金を支払う必要がありますか?

意志による継承の状況を考えてみましょう。 この方法は、ロシアでますます頻繁に使用されています。前所有者の生活の中で相続人の間で物件を配布することができます。さらに、遺産は第三者に許されます。

遺言を読むとき、国税の形でどのような相続税が支払われますか?最も一般的な費用は次のとおりです。

  • 文書の開示 - 300ルーブル。
  • 署名の有効性の確認 - 100ルーブル。
  • 隠された遺言書の受理 - 100ルーブル。
  • 公証人に600ルーブルの人間財産の保全を提供する。

プライベートタイプの一部のオフィスでは、より高い手数料を設定する。しかし、彼らは、原則として、提供された価格とほとんど変わらない。通常、公証人の手数料ではなく一般公証人の手数料が請求されます。

公証と継承

不動産料金

あなたが継承に入るとき、公証人と税務当局にどのような税金を移す必要がありますか?

相続の順に不動産を取得する方法にかかわらず、市民は確立された金額で国家義務を移転する必要があります。

この場合、またはその場合にどれくらい支払うのですか?答えは、不動産の価値と、不動産の受領者と遺言者との間の親密度に依存します。

ロシアの現時点では、そのような料金があります:

  • 0,3% - 近くの人々のために;
  • 他の人には0.6%。

これらの指標に焦点を当てる必要があるだろう。証言者の利益の潜在的な受益者のすべてを覚えておくことは他に何が重要ですか?

最寄りのお支払い方法

ロシアの相続税には、その金額にいくつかの制限があります。最低限の支払いはありませんが、上限があります。相続人から一定額以上の金銭は徴収されません。

2018年に、州の手数料継承を受けることは10万ルーブルを超えることはできません。これは、特定の人から彼に移転されたすべての財産について、1人の受取人から回収された支払い額です。

したがって、市民が数人の遺言者からの材料的利益のために、彼はできるだけ多くの20万人を支払わなければならない。それはどれくらいの頻度である程度の相続人として行動するかによって決まります。

重要:ボーナスは、1と2の継承キューの受信者にのみ適用されます。

他の人の最大値

遺言または法律による相続税確立されたサイズで課金されます。しかし、第三者のための料金の面で制限はありますか?あるいは、彼らは司祭の親戚と同じくらい配慮していますか?

全くありません。 ロシア連邦の有効な法律は、100万ルーブルの遺産の取得のための手数料の支払いの上限を設定します。この制限は、死者に近くない市民に適用されます。この場合、相続人によって財産を取得する方法は何の役割も果たさない。これらすべてのルールを覚えておけば、誰もが相続税がどれくらい彼のためになるかを理解することができます。

「クローズ」の定義は、

親族の相続税親族の相続人は大多数の市民に関心があります。特に法律で故人の財産を受け取った場合。このような状況では、家族関係は重要な役割を果たします。それに応じて、死亡した市民の財産が配布されます。

現行法に基づくアパートまたはその他の不動産の継承税額は、その価値の0.3%です。

  • 両親;
  • 夫または妻;
  • 子供たち;
  • 兄弟。
  • 姉妹。

法律で親戚の輪に誰も含まれていません。したがって、残りの相続人は、オブジェクトの価値の0.6%を支払う。

税金または州税

株式と支払い

そして、人がその物件の一部だけを受け取った場合、どうなりますか?例えば、いくつかの相続人の間のアパートの継承のために税はどのように計算されますか?

プロパティの共有は、料金の額を減らすことができます。 結局のところ、 "税"は各受取人に割り当てられた継承の部分に比例して計算されます。関連する取引の最大限の制限を覚えておくことが重要です。

受益者について

相続分担金から税金を計算する方法を知りました。研究されているトピックに関して何か利点はありますか?

はい。 第一に、それは近親者の財産価値の0.3%に関税率の削減を提供する。しかしそれだけではありません。現時点では、一般的に国家義務から免除されている人の円を決定することが可能です。

優先カテゴリは次のとおりです。

  • 障害者および関連団体;
  • ソ連邦またはロシア連邦の英雄;
  • 退役軍人;
  • 敵対行為の参加者。
  • 国家権力の代表者。

これらすべての市民は、相続の順番で財産を取得するための手数料から法律の下で完全に免除されます。そして、これはすべての状態ボーナスではありません。他にも利点があります。

割引およびその他のボーナス

遺産税や法律に基づく相続税は、以前に提案された金額で支払われます。しかし、すでに述べたように、いくつかの例外があります。

継承証明書を発行するプロセスを検討してください。グループ1の障害者のための公証サービスは50%割引で支払われます。

さらに、公式の公証人から証明書を入手するための料金がない市民のリストがここにあります:

  • 執行で死亡した者の相続人(国家財産、市民の保護);
  • 抑圧された市民からの財産の受取人。
  • 銀行に預金として預金を受け取った人、給料、保険料。
  • 子供たち;
  • 不可能、受託者または保護者がいる。

さらに公証人の職務から、遺言者の死の時に彼と一緒に住んでいた免税人が免除されます。ロシア連邦法に基づくボーナスと給付はこれ以上提供されません。

継承財産の売却に関する税金

重要: 相続税をある程度免除する権利を文書化しなければならない。関連する有価証券が存在しないことは、給付を拒絶するための基礎となる。したがって、継承を得るためには事前に準備することをお勧めします。

不動産の売却

私たちは、特定の状況下でどのような相続税が市民に払われるのかを知りました。時には、人がすぐに財産を取得し、それを売りに出すことが起こります。

同様の状況下ではどうなりますか?遺言者から財産を取得するための州の手数料はすでに支払われています。そして今、不動産の売却で所得税を払わなければならないでしょう。

それは:

  • 13% - ロシア連邦市民の場合。
  • 30% - 外国人のため。

この点に関して利点はありません。継承の売却に資金を割り当てる必要がない取引は1つだけです。しかし、後で彼について。

支払額は、購入契約書で指定された金額によって決まります。この指標から、納税者はスタートを切る必要があります。

消費税からの自由

すでに述べたように、特定の相続税が免除される可能性があります。相続税は相続人によって売却されました。特権を利用することは難しいことではありません。単に取引を締結し、FTSに収入の宣言を提出すれば十分です。

ロシアでは、不動産の売却に対する個人所得税の免除は次のとおりです。

  • 所有権の3年間後に - 車の実装;
  • 不動産に関連してオブジェクトの5年間の所有権の後。

今日は別の利点があります。 2016年までに取得された財産に適用されます。このような不動産が売却された場合は、売り手が36ヶ月間所有した後に免税されます。

固定資産税

不動産税はそれ自体では支払われません。しかし、基本的に国民は国家の任務にある程度の大きさの問題に直面しなければならない。

不動産の遺言者と遺産の登録後に相続人をするために支払うものは何ですか?不動産に権利が移譲されてから1年後、その人は次のものを支払う必要があります:

  • 不動産税 - 不動産のため。
  • 自動車税 - 車を所有するための税。

法律により、一部の市民は税金を免除されることがあります。これは通常です:

  • 障害者
  • 年金受給者。
  • 退役軍人。

市民のリストされたカテゴリが招待されています特定のカテゴリーの1つの対象物に関する唯一の対象物に対する納税義務の免除。したがって、給付の権利が既に使用されている場合、それを更新することはできません。これは、ロシア連邦の領土内で実施されている完全に合法的な規範です。

ファンドの移転FTS

お支払い方法

遺言状/法律の相続税は時間通りに支払う必要があります。そして、対応する操作のためのすべての料金も。それ以外の場合、その人物は継承の登録を拒否されます。

ロシア連邦の領土で取引を行う方法は?以下は、かなり一般的なシナリオです。

  • ロシア連邦銀行の現金庁に訴える。
  • インターネットバンキングを通じて取引を行う。
  • ATM /決済端末を通じて資金を入金する。
  • オンラインウォレットを通じて支払いを行う。
  • 公証人またはFTSでの現金机の使用(支払いのタイプに応じて)。

練習が示すように、資金を移転するプロセスは何の問題も生じません。しかし、市民は準備をする必要があります。

支払いに必要なもの

どのくらい正確に?それは必要です:

  1. 義務や税金を支払う方法を選択してください。
  2. お金の受領者の組織の詳細をご覧ください。例えば、公証人の事務所または地方税務署。
  3. パスポート、領収書(できれば)、携帯電話、お金(現金または銀行カード)を持ってください。
  4. 準備された論文を使用して支払いを行います。

それだけです。実際の生活では、税金の直接支払いとその準備は特別な問題をもたらすものではありません。そして、しばしば数分でタスクに対処します。

それは重要です: 不動産の売却が行われた場合は、税金を支払うために複数の書類をFTSに送付する必要があります。例えば、販売契約と継承証明書。また、所定の形式で納税申告書を作成する必要があります。

結論

今日、私たちは相続人が支払いで直面することを知りました。さらに、被疑者からの財産の受領者から生じるすべての可能な義務と税金を研究することができました。

法律と意志による相続

ロシアでは、直接相続税いいえ以前は、義務者は意志の下で課税に直面していました。しかし、2005年以降、対応する支払いは廃止されました。この手法は相続人の負担を大幅に軽減しました。

コメント(0)
コメントを追加