年金受給者のための税金控除:条件、登録のルール

財務

年金受給者には税額控除がありますか? それをどうやって整理するのですか?このことをすべて理解することは、一目でわかるように難しいことではありません。実際、すべての市民は、ロシア連邦税法を徹底的に調べて、提起されたすべての質問に対する回答を得ることができます。税額控除は珍しいことではありません。多くの人がこの機会をできるだけ早く利用しようとしています。結局のところ、特定の経費で州を犠牲にしてお金の一部を返還することは、国が多くの市民に提供するものです。この地域の退職者については何が言えますか?彼らは払い戻しをしますか?もしそうなら、どんな状況で?税金控除をどうやって得るか?

退職金控除

控除は...

最初のステップは、問題の現金の種類を理解することです。ロシアでは、誰も税金控除を受ける権利がありません。だから、どのようなお金が話されているのかを理解する価値がある。

税金控除 - 州によるそれらまたは他の費用の13%の返還。それは、特定の取引をした人のみに依存します。ロシアでは、特定の行動に対して控除を行うことができます。

通常、金を受け取る権利は、安定した収入を持つ有能な人口にとどまります。年金受給者には税額控除がありますか?問題は非常に困難です。どうすればいいですか?

控除および年金受給者

問題は明確な答えがないということです。多くの場合、どのような控除が行われているかによって異なります。そしてどのような年金受給者が納税者です。

すでに働いている市民だけでなく、収入のある労働力人口も控除の対象となっているという。しかし、どのように高齢者になる?

練習が示すように、13%の控除が設定されています市民が税金を払って所得を受け取るとき。それ以外の場合、払い戻しの請求は機能しません。年金受給者 - 永遠の受益者。ロシアには、さまざまな権利と機会があります。税還付については何が言えますか?年金受給者は税額控除を受けることができますか?

間違いなく「はい」と答えることは、働く市民にのみ当てはまるでしょう。彼らは個人所得税で13%の課税された給与を受け取る。したがって、控除の権利があります。そして、何をすべきか?

非作業用

彼らは、残りの市民のように十分に受け入れられた残りの者は、ロシア連邦の法律によって制定された金額の税額控除を受ける権利があります。しかし、これは特定の条件を満たす必要があります。原則として、彼らは常にロシアで尊敬されています。

退職金控除

どんなルールがありますか?これは:

  1. 退職した市民は、その国の税務上の居住者でなければなりません。すなわち、居住地の税務当局の口座に183日以上立つこと。
  2. 控除を請求する人は、必然的に13%の税金で課税される所得を受け取る必要があります。年金はカウントされません。それは法律による納税の対象ではありません。
  3. 報告納税期間の終了時までに、確立されたサンプルの納税申告書に提出する必要があります。その後、利益の13%を支払わなければなりません。これは必須項目です。

それ以上の重要な条件はありません。 したがって、非稼働の年金受給者にも控除の権利がある。確かに、彼らにはより多くの労働者がいる。特定の取引に費やした金額をどのような状況で払い戻すことができますか?

控除を置くと

事は、ロシアではかなり広い範囲の控除。彼らはさまざまなタイプに分かれています。金銭的報酬の所有権についての正確な知識は、特定のケースで居住地で税務サービスに提出された書類を決定するのに役立ちます。

控除は以下のとおりです。

  • 給料から(例えば、未成年の子供の存在下で);
  • トレーニングのために;
  • 治療中(ほとんどの場合歯);
  • 財産と土地との取引について

これらは開発のための最も一般的なオプションです。イベント。原則として、授業料のための年金受給者に対する税額控除は実際には満たされません。物件の需要が高まっている。仕事があるとき - 賃金で。治療も非常に頻繁に市民がケアのために与えられたお金の一部を返すのを助ける。どのような状況においても、控除を付与するのと同じ原則で導かれる必要がありますが、論文のパッケージは異なります。最初に何を探すべきですか?

年金受給者には税額控除がありますか?

給料から

まず、市民が受け取る収入から、いくつかの具体的な控除を検討することが最善です。なぜこの現金払い戻しは、他の人とは少し異なります。どのくらい正確に?

給与控除は、これは市民所得の13%を税金の形で回収するために必要なものです。つまり、このメソッドはお金を受け取ることを許可しません。これは、所得税の支払いを計算する際に課税拠点を減らす働きをします。

通常、障害者に依存しています。 退職者のためのそのような税額控除は有用ですが、公式に働くだけで利用可能です。起業家や財産の売却収入を得る人は、このボーナスを使うことはできません。

給与控除のもう一つの特徴は、税務当局ではなく、雇用者に申請する必要があることを示しています。文書のリストは最小限です。彼らについて少し後で。まず、年金受給者のためのすべての払い戻しを検討する価値があります。彼らには一定の条件と限界があります。あなたがそれらについて知らないならば、決して払い戻しを発行することはできません。

トレーニングのため

関連する授業料の控除があります既に述べたように、年金受給者は非常に稀です。市民が大学でフルタイムの授業料を支払うと、それを得ることができます。または、23歳までの "ポイント"に人が自分の子供(両親がいなければ孫)を教える場合。この場合、生徒は正式に働くべきではありません。

年金受給者は税額控除を受けることができますか

したがって、同様の状況税額控除を行うことができます。しかし同時に、退職者は学生の公式の代表者でなければならず、自分自身で勉強しなければならない。高齢者を犠牲にして研究費を支払う。

できることに注目する価値もある過去3年間の全費用の13%の金額の返金。同時に、総額は5万ルーブルを超えることはできません。問題の解決に従事するには、毎年よりも36ヶ月間、直ちに税申告書を提出することが最善です。

不動産の場合

次の質問は、年金受給者、不動産取引のために敷設された。これは非常に興味深い質問です。結局のところ、多くのニュアンスに注意を払う必要があります。年金受給者と他の市民との不動産取引は絶えず見られる。また、アパートを購入する場合には、お金の13%を現金払いで受け取ることができます。

この点についての制限は何ですか? あなたは2百万ルーブルの13%以上を返すことができないということです。つまり、最大のリターンは約26万です。この規則は、年金受給者だけでなく、他のすべての市民にも適用されます。

前述の控除額が募集されていない場合は、それは将来完全に利用可能になるでしょう。それ以外の場合、260,000ルーブルの限度額を使い切った場合、払い戻しはできません。

住宅ローンで不動産を購入すると、大量の返金が可能です。もっと正確に言えば、現時点では35万ルーブルです。

年金受給者の税金控除権

その他のプロパティ

そして、土地を実現するためには何をすべきか、例えば?または他のプロパティ?その後、年金受給者の税額控除も頼りになります。アパート、部屋、コテージなどの不動産の場合と同じ条件が彼に適用されます。

つまり、アパートを購入した後の年金受給者土地区画または車の取得後、総額が260,000以下の税額控除を受けた場合、同様の最大キャッシュリターンが想定されます。原則として、他の物件の抵当権は適用されません。

不動産の場合、および他の不動産の場合、その控除は不動産とみなされます。したがって、26万ルーブルは、すべての不動産費用を考慮して、州を犠牲にして返却できるお金です。つまり、アパート、車、土地などです。このような状況では、年金受給者と一般市民の税額控除額が合計されます。

アパートを購入した後の年金受給者は税額控除を受ける

治療

次のキャッシュバックは治療のための補償。全人口の間で非常に共通の控除。市民が個人的なセンターで彼または誰かの治療費を支払うと信じられています。市民がCHIプログラムを使用する場合、市民はお金を回収することはできません。

年金受給者のための税金控除は、

  • 特定の薬の購入;
  • 直接治療サービス;
  • OMSプログラムの下で、契約によると、保険会社はサービス提供のみをカバーし、保険提供のための費用はカバーしません。

すでに述べたように、歯科治療のための控除がかなり頻繁にあります。あなたは、前のケースと同様に、費やされた金額の13%を得ることができます。しかし同時に、控除額は15 600ルーブルを超えることはできません。

ロシアには高価な特別なリストがあります指定された補償限度額でカバーされていない治療。この場合、特定の医療介入に費やされた全額から13%の控除を出すことが可能になります。

治療の順序

税金控除の年金受給者を取得するには? それは問題の特定の返品の種類によって異なります。賃金からの控除の場合、それは雇用主に来るだけで十分であると既に言われている。その他の返品については、申請者の居住地の税務当局に連絡する必要があります。アイデアを現実に翻訳するためにMFCの1つまたは複数に来ることが提案される。

登録の順序は非常に簡単です。必須:

  1. 特定の文書リストを収集する。どちらの場合もそれは異なります。以下に、論文の完全なリストを示します。
  2. 市民の登録分野のMFCまたは税務サービスを探します。収入からの控除について話している場合は、雇用主に連絡するだけで十分です。
  3. 確立されたサンプルのステートメントを作成します。 年金受給者と他の市民の税金控除権を要求しなければなりません。または、むしろ、お金を返すというあなたの願いを報告する。ドキュメントとそのコピーはアプリケーションに添付されています。
  4. 税務当局の決定を待ちます。 申請の瞬間から2ヶ月以内の市民は、払い戻しの任命またはその却下についての通知を受け取ります。 2番目のケースでは、エラーを修正するための約1ヶ月があります。それ以外の場合は、最初から始めなければなりません。
  5. 資金の積立を待つ。税務当局からの移転通知を受け取った瞬間から、通常約1.5ヶ月かかります。

これだけです。働く年金受給者と非労働者のための税金控除は、他のすべての市民と同じ方法で提供されます。違いは、提供された書類だけです。

年金受給者のための税金控除

控除のための書類

給与計算の控除については、それで十分です年金証明書、申請書、パスポートを持ってきてください。また、課税ベースを削減するための基礎を添付することも必要です。たとえば、健康証明書などです。

年金受給者のための税金控除の残りは、以下の論文を税務サービスに提出した後に提供されます。

  • 返金の種類を示す陳述書。
  • ロシア連邦の旅券。
  • SNILS市民;
  • サービスの提供のための契約。
  • 学生参照(払い戻し)。
  • 市民の支出(小切手と領収書)を示す書類。
  • 3-NDFLの納税申告書。
  • 収入の証明書(従業員のための形式2-NDFL);
  • ライセンス組織(トレーニング、治療)。
  • 認定(訓練のため);
  • 不動産への権利証明書(利用可能な場合)。
  • 年金証明書(2016年から - 年金受給者証);
  • 送金したい口座の詳細。
</ p>
コメント(0)
コメントを追加