日本の銀行システム。

財務

どの銀行システムの本質もさまざまな種類の信用機関と国営銀行のセット。各国には独自の特徴がありますが、多くの州では銀行システム構築の共通の兆候があります。したがって、ドイツ、日本、米国の銀行システムは、通常、異なるとみなされます。それぞれに独自の特質があります。

日本の銀行システムは、それにもかかわらず青少年はアメリカとヨーロッパに比べてかなり高いレベルの開発が特徴です。ここの銀行は、すべての金融および産業グループにおいて軸構造の役割を割り当てられており、さらに、いくつかの企業の周りに一体化しています。銀行部門の規制と統制における国家の役割は非常に強い。

日本の銀行システムと呼ばれる現代は、第二次世界大戦の後に登場しました。それはアメリカのパターンに従って作られていることを覚えておくことが重要です。日本には世界有数の銀行に安全に帰属できる銀行があります。日本の銀行が率いる最も強力な金融・産業グループは、アジア、西ヨーロッパ、オーストラリア、米国の国々に巨額の金融投資を行っています。

これの市場経済における銀行システムその国は大きな役割を果たしています。それは2つのリンクによって表されます。 1つは中央銀行で、政治評議会、3名の執行役員、8名の顧問、3名の執行取締役が含まれています。第2のリンクは、地方銀行、都市銀行、信託銀行、外国銀行の支店、新しいタイプの銀行を指す商業銀行である。中央銀行は日本銀行とも呼ばれ、その地位と機能は1942年の法律によって決定された。その後、この法律は1998年に2度、近代化されました。現状では、日本銀行は株式会社です。それは多くの機能を持っています。

最初は紙幣の問題です。 中央銀行は紙幣の発行について無制限の独占権を持っている。政府の同意を得て、財務省は問題を明らかにする。これまでは、銀行は引当金を常に確保していました。しかし、新たな法律は、もはや、準備金の形成のためのこのような要件を提出するものではなく、中央銀行が物価安定を維持することによって日本経済の均衡のとれた発展を促進することを可能にする。

第2の機能は、通貨クレジットの実施であるポリシー6ヶ月ごとに、銀行は金融政策について財務大臣の支援を受けて議会に報告しなければならない。しかし、その開発と実施はどの機関とも独立しており、つまり、独立して行っている。

第3の機能は、様々な信用機関間の決済システム全体の効果的な機能。第4の機能は、すべての金融機関の財務状況と経営陣の監視と検証である。第5の機能は、信用枠を制御すること、ならびに時間の点で信用機関に限定されたローンを提供することによって、決済および決済システム全体の絶対的な中断のない機能を保証することである。

90年代まで、日の出の国は主要なグローバル債権者。しかし、その後、日本の銀行システムは危機の最初の兆候を経験し始めました。次の20年間で、不良債権、一部の銀行による義務の終了、流動性危機に関連した多くの問題がありました。さらに、日本経済は、数多くの強力な自然災害によって厳しい打撃を受けました。

日本の銀行システムが何であるかを理解した上で、この国の経済政策の変化は、常に慎重かつ円滑に行われていると私は安全に言うことができます。そして、この経験は使用する価値があります。

コメント(0)
コメントを追加