I.K. Aivazovsky - "第九波"矛盾した画像

アート&エンターテインメント

19世紀の有名な芸術家ロシア - アルメニアのルーツI.K.アイヴァゾフスキーは歴史のなかで自然の美しさを称賛する華麗な巨匠、ロマンチックな人物となった。彼の好きなテーマは、雄大な美しさを持つ海景です。画家はテオドシウスの風景を描いた。彼は生まれ、生きて死んだ。彼の絵は広大な海の魔法の前に誠実な愛と驚きを持っています。彼の絵は信じられない感情を呼吸します。

微妙な芸術的な味で、彼は単一の全体を構成する細部が気分を作り出します。巨匠によって作成された最も人気のある作品の一つは、「第九の波」です。それは彼女の力の前で凍りついたかのようにアイヴァゾフスキーは、荒れ狂う要素とひどい風を怖がりませんでした。すべてが自分のメモリに撮影しているかのように、子孫に自分のビジョンを送信します。

アビザフスキー9番目のシャフト

I.K. Aivazovsky。 "第九波"絵画の説明

この楽しいキャンバスで、アーティストが描いた要素と一緒に放置された人々。彼らは巨大な水の中に砂の細かい粒があると感じていますが、彼らの生活のために必死に戦っています。この世界的に有名な傑作は、最も危険なのが第九の斧であると信じていた船員の偉大な迷信を伝えます。これまで、勇敢な航海士は、海は独自の、リズミカルな生活を送っていると信じています。一定の時間が経過した後の波の空間では、1波はより激しい力を持っています。ギリシャ人は最も危険な3番目の波とみなし、ローマ人は10番目毎に、ロシア人は9番目にそのような力を与えた。 Aivazovsky "Ninth Wave"は深いインナーサウンドでいっぱいです。

この写真は海の小さなシャトルを描いていますが、嵐に襲われた。この瞬間、自然の色がどのように暗いですか?黒い水、暗い青色のレンズ、白い泡、冷たい飛沫。あなたが冷たい震えで覆われているかのように濃淡が感じられます。無力な人々の嘲笑のように、空は真紅の輝きで描かれました。無関係に見えますが、人々が岸に着くかどうかはまったく心配していません。

aivazovsky 9番目のシャフトの絵画の説明

Aivazovsky ... "第九波" ... これらの言葉で、アーティストのすべてのキャンバスに内在する悲劇とスケールが心に浮かび上がる。あなたはイベントの中心に移動するのが好きです。あなたは、妨げのない力を感じます。絵を見ている人は皆、不平等な死の戦いを導く男の運命に不安を持ちます。心の中に失われた希望はありますか?彼らは救いを待っていますか?彼らは勇気を失いましたか?それは、海のAivazovskyに関連する頑固な対立を伴っている。 「第九波」は単なる海の絵ではない。これは愛の認識の一種である羊飼いです。

アイバゾフスキー「第九の波」はますます書きました隠された意味。結局のところ、人々は常に人生、幸福、安全のために戦う。外部の敵との闘い(目に見えるものと見えないもの)は、人間の内的経験によって補完されます。彼は自分の気持ちやニーズに抵抗し、マスクをかぶり、偽りの価値を追求します。そして、差し迫った終わりに直面して初めて、人生はそのシンプルさで美しいとの認識が生まれます。

Aivazovskyの9番目の波

画像は、明るい色で世界を見て、最も困難な状況でポジティブな瞬間を見て、楽観主義を教えるよう教えてくれます。

コメント(0)
コメントを追加