ロマンチックなスタイル

アート&エンターテインメント

ロマン主義、18世紀の文化の現象自然と人間の団結を主張し、科学技術の進歩への反応を描く。それは、個人の精神的な生活の価値、強烈な性格と情熱のイメージを受け入れることが特徴です。したがって、ロマンチックなスタイルは、絵のように、奇妙で幻想的なものすべてを反映しています。

ロマンチックなスタイル

心に触れ、良い気分を作り出したすべてがロマンチックであるとみなされたことに留意すべきである。空中の城、洞窟、ダンジョン、月などのオブジェクトは、この美学に関連しています。

これは建築のロマンチックなスタイルが始まり、自然の素材が装飾や愉快な色に使われています。

したがって、ロマネスク様式の建物は、建築的なシルエットと外装のモノシル化が特徴です。

そのため、建物は周囲の自然によく合い、狭い窓のある重い壁と豊かな装飾が施された深い入り口があったため、かなり強く見えました。

インテリアのロマンチックなスタイル

したがって、ロマンチックなスタイルは、合理的なシンプルさの設計と空間の縦編成の使用を伴います。

そのような建物では、窓はアーチの形で作られ、異常な形の頂点を持ち、壁やドアはステンドグラスの窓やモザイクで装飾されていました。

住宅は、通常、テラスやバルコニーの存在を特徴としていたが、それは機能的に重要ではないが、装飾の要素として役立った。

今日、建築におけるロマンチックなスタイルが求められています。このように、タイル屋根、屋根裏部屋およびガレージを備えた2階建てコテージの建設は非常に一般的です。

そのような家では、メインルームは1階にある暖炉と布張りの家具付きのリビングルームです。

そのような建物の内部は優雅さで区別されますしたがって、それは主に創造的な仕事に従事する人々によって好まれます。その主な要素は、ゴシック様式の出入口、半円形アーチ、緑色のコーナーです。

ロマンチックな建築様式

インテリアのロマンチックなスタイルは家族のサークルの精神的な娯楽に貢献します。それは簡単で民俗的な装飾を引きつけます。

このスタイルのカラーパレットで十分ですしかし、多くの人がクリーム色の白とピンクまたはライラックの色合いを好みます。建物を仕上げるときは、スタッコのモールディングと木製のパネルが使用されます。窓には、細かい綿で作られた小さなアセンブリやカーテン、窓際には花瓶の花瓶や花束の花が飾られていなければなりません。

家具は通常、古いドレッサーや木製の低いキャビネットなどのアンティークで使用されています。いずれにせよ、それは暗い色調の崇高な木であるべきです。

ロマンチックなスタイルは居心地の良い落ち着きのある雰囲気と心の安らぎの出現に寄与します。一般的に、建物のデザインは厳しいルールを指示していない、ここでの主なものは、自然さ、ロマンチックな気分の作成を確保する装飾的な要素の調和のとれた使用です。

したがって、ロマンチックなスタイルは、ゲーム要素、非標準、神話への関心、理想化と審美化への欲求への関心を高めていることが特徴です。

コメント(0)
コメントを追加