Aivazovskyによる絵画「A Rainbow」:新しい風景の海のパレット

アート&エンターテインメント

マリーナは風景画の別のジャンルとしてIvan Aivazovskyの全盛期のXIX世紀のロシアの芸術では、最終的には世界の芸術で最も優れた海洋画家の一人であると考えられているので、驚くことではありません。 Aivazovskyの絵「Rainbow」は素晴らしい海の風景の鮮やかな例です。

ロシア絵画の風景マリーナ

ユニークさと国際的な認識にもかかわらず、アイヴァゾフスキーの初期の作品は、初期のロシアの風景画家、ジャンルの創始者、S. ShchedrinとM. Vorobyovの影響を感じました。その希少な海景は、古典的な学術の技法とロマン主義の新鮮なアイデアを組み合わせました。

初期の仕事Aivazovskyはほとんど海の要素に完全に専念しています。若い芸術家は、喜びと賞賛のロマンチックな風景を描いた。アーティストのロマンチックな感情の理由の1つは、Aivazovskyが自然から海を塗ることを可能にするとは考えていなかったことです。彼のキャンバスに描かれた画家が思い出と想像力のすべてです。

しかし、最初の写真では賑やかなロマン主義の後ろにAivazovskyは、可能性のあるすべての見せかけで海洋の要素を探求したいという欲求をたどった。後のキャンバスでは、クリエイターの技能と本来の感覚がロマンチックな感情を抑え、視聴者は彼の作品と彼の主題のイメージを知っている大人の熟練したアーティストとして贈られます。 Aivazovskyによる絵画「Rainbow」は、アーティストの作品だけでなく、ロシアの風景のジャンルでも新たなステージを迎えます。このキャンバスに取り組んで、マスターはまったく異なる方法で通常の明るい色を使い始めました。

虹の絵aivazovsky

創造性Aivazovskyは、Lagorio、Bogolyubov、Kuinjiなどの風景画家のためのマリーナのジャンルへの道を開いた。

イワン・アイヴァザフスキー

芸術家の伝記はほとんど素晴らしいです。プロット。 Aivazovskyは貧しい商人の息子でしたが、彼の才能とスキルで国内外の画家の間で認められ、ロシアの美術館のマリーナを創設しました。

幼児期から、描くための欲求を示す、Aivazovskyは彼の故郷、Theodosiaの建築家の注目を集めました。将来の芸術家は、彼から受け取った言葉だけでなく、重要な援助 - 芸術用品と最初の描画の教訓。

aivazovskyの虹の画像の分析

シンフェロポリ体育館の終わりAivazovskyはサンクトペテルブルクの帝国芸術アカデミーに入学しました。卒業4年目にはアカデミーの金メダルを授与され、若手アーティストが奨学金の所有者として海外に行くことができました。 Aivazovskyはイタリアで数年間を過ごし、海岸で有名になった。

絵の歴史 "レインボー"

それは、最高の仕事Aivazovsky彼の仕事の初期に作成されました。 「第九の波」、「月明かりの夜」、「夜の海の嵐」などの絵画は海洋画家のキャリアのピークとみなされ、アーティストはストーリーラインの明るさと豊かさという点で独特の風景を作り出しました。

XIX世紀の70年代初期には彼の絵画の単調性と人工性についての多くの重要な陳述が飛んできました。絵画「レインボー」は批評への反応だった。写真Aivazovsky "レインボー"についての同意見は一様ではありません。ほぼすべての人が色彩の独特さとキャンバスの現実感に注目しましたが、遠くに彼の風景が残っているかどうかを暴力的に描写し続けた人たちもいました。

Aivazovsky rainbow画像の説明

作者はいつも海は書くことが不可能だと言った。自然界から、Aivazovskyの海の景観における人工的なシェアは常に存在します。なぜなら、その絵はアーティストの想像力の果実だからです。しかし、「レインボー」は、カラーパレットの現実感と、海の泡の滴をほぼ透明にする選択された色合いの微妙さのために注目に値するので、虹はほとんど見えなくなります。

Aivazovsky、 "虹"の画像とそのプロットの説明

"Rainbow"のプロットは、Aivazovskyの仕事には新しいものではありません。 著者は、よく知られた、ほとんど殴られたイメージ、すなわち海の嵐を選んだ。海洋画家のすべてのキャンバスと同様に、Aivazovskyの絵「Rainbow」は、「最初の人物」の難破船を描いています。著者自身が沈没船に乗っているかのようです。

画像がぼやけた、霧がいっぱいですアウトライン。岩場の海岸と船自体が墜落すると、波や海の泡が失われます。写真の前景に - 船員が死を避けようとしているボート。人々は海の向こうを覗いて桟橋の安全な場所を作りようとしていますが、高波と風の強い風が船を打ち負かし、船員の方向を決めることを妨げています。

虹のスペクトルのおかげで、悲劇的なプロットは重くて憂鬱に見えません。このキャンバスに光を当てたアイヴァゾフスキーの特徴は、善意の虹の輪を生み出し、善悪の船員に安全な港を約束します。

Aivazovskyの絵「虹」とその色合いパレットの分析

海とその様々な化身を描く新しい技法を自分自身で見つけようと、海洋画家は新しい、明るく現実的なパレットに切り替えました。

絵aivazovsky rainbowについての同世論者の意見

Aivazovskyの絵「Rainbow」は、新しいカラースキームで作られた一連のキャンバス。芸術家は、その本来の明るい色、黄色、紫色、紫色、激しいオレンジ色を使用し、景観のリアリズムと透明性を失うことはありません。

絵画「Rainbow」、「Into a Storm」、「Marina」、そして明るい色の細い線で刺繍されているかのように、XIX世紀の80年代に描かれたキャンバス。信じられないほどの色合いが塩辛い海の空気に溶け込んで、海がきわめて真実に見え、同時に素晴らしい輝きを放つ清潔で明るく風通しの良い風景を作り出します。

コメント(0)
コメントを追加