スタイルは全体です

アート&エンターテインメント

スタイル - これは人を決定するものです。時代や地形の特色を生かした時代です。スタイルは個性的でも一般的でも、美術や文学、家のインテリアを特徴付けることができます。

今日、私たちは何がスタイルのプロバンスとロマネスク様式。彼らはなぜ?シンプルです - 今日、これらの方向性はますます人気が高まっています。さらに、それらは互いに著しく異なる。

スタイルプロヴァンスは同じ名前に関連付けられていますフランスは、アルプス、ローヌ川の東に限る - 西、地中海沿岸に - 南に。地域のこのスタイル定義された自然の特長は、世界にヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、オーギュスト・ルノワール、ポール・セザンヌ、F・スコット・フィッツジェラルド、ジャン・コクトー、アンリ・マティスなどの偉大なアーティストを与えました。

プロヴァンスのスタイルは

地球のこのコーナーは信じられないほど魅力的ですが、言葉は彼の魅力のほんの一部を記述することができます。静けさ、鈍い負の感受性、軽い、高慢な感情 - これはすべてプロヴァンスに関連しています。無限のぶどう園と魅力的な牧草地は、檜と松の木が茂った岩と交互に現れ、古代の石畳の通りは何百年もの間、フランスの地方の色彩と珍しい美しさを保持しています。巨大な花畑は、寛大な南の太陽が暖かい空気を特別なスパイスとめまぐるしい香りにします。ここはおとぎ話!静けさ、静けさ、自然さ、次元性、自然との親密性、そしてあなたの歴史や伝統との強いつながり - それがプロヴァンスのスタイルです。これらは明るく太陽がいっぱいでシンプルなトーンですが、恵みはありません。

スタイルの主な特徴(絵画かどうかインテリア) - 自然の色彩と素材、独創性と明るさ、静かな自然の調和と忘れ去りの完全な排除、古代の簡単な印象文字通り魂を休むことはプロバンススタイルを作ります。これはまったくリラックスして穏やかな内なる平和の前例のない感覚に降伏したいときにまさにその場合です。

スタイルは

これとは対照的に、ローマの建築は比例性、明瞭さ、線の正確さ、要素の統一性。ロマネスク様式は古代の古さに出発した後に生まれた様式です。ローマ帝国の崩壊後。その主な特徴は、深遠な神学と一般性です。このスタイルはヨーロッパ全土とみなされ、特定の文化の個々の特徴はそこに欠けています。

すべての種類の過度と恵みに固有の無重力のプロヴァンス - ロマネスク様式ではありません。ここでの主なものは形式であり、実用性でもあります。ロマンススタイル - 巨大な壁と狭い窓(四角形、円形、シャムロックの形)、キャンバス、単調でできたシャッターです。

ロマネスク様式は

壁の装飾は、ほとんどの場合、浅い飾りになっています。 カーペットは内装の共通要素であり、光には特に注意が払われます。重要ではあるが、独立した価値を持たないことは、建物の飾りのような彫刻であった。

このスタイルは、感情、イメージの混乱、大きな興奮、敬虔さと拘束の悲劇です。

コメント(0)
コメントを追加