"湿潤効果"

美しさ

スタイリングスタイルとしてのいわゆる「ウェットエフェクト」毛は30年ほど前にファッションになった。この間、濡れた髪の効果は、多くのファンやファンを獲得して、ほとんどの状況で髪型が適切になり、あらゆる機会に適しています。

今日は部分的にしかないファッションヘアスタイルそのような技術で処理される。これはヒントであり、明白な効果ではないので、スタッキングするときは、非常に注意する必要があります。そのため、スタイリストの推奨どおりにすべてが表示されます。

あなたはサロンを訪れることなく、あなたの髪にこのようなスタイリングを作成することができます。ほんの少数のルールをマスターした後、自宅でも非常にオリジナルのヘアスタイルを作ることさえできます。

「濡れた髪」には購入が必要です特別な手段。これを行うには、適切なワニス、スタイリング用のフォームまたはテクスチャライザー。最後の手段が最も好ましい。これは特別なゲルで、専門的な「ウェットエフェクト」が作成されます。個々のストランドを処理して必要な輝きを与えることは非常に便利です。このツールを使用するときは、手の簡単な操作、補助デバイスの助けを借りて毛を固定する必要はありません。テクスチャライザーにはおそらく1つの欠点しかありません。かなり高価です。

長いためにこのヘアスタイルを作成するには従順な髪は、スタイリングのためのかなり簡単な手段、例えば、ラッカー。短くておしゃれな髪には多くの努力が必要ですが、少なくともヘアジェルが必要です。

髪に「湿った効果」を与える手段は、固定度によって除算する。彼らは簡単、中、強固な固定です。最初のものは、2番目と3番目の縮毛に適しています。同様のスタイリング手段を、水で希釈した悪名高い砂糖またはゼラチンから作ることができる。しかし、これらの方法には欠点があると考えてください。自作の製品を使用した後、髪はすぐに汚れてしまい、工場のものよりもはがすのがはるかに難しい。

髪型「濡れた効果」では、固定具の存在だけでなく、創造技術の所有も必要となります。

縮れた髪に美容術を施すには、最初にヘアジェルを着用し、珍しい歯を持つ櫛で櫛をし、好きな形にします。

あなたが短いヘアカットをしている場合は、ゲルを塗布する必要があります手。寺院の領域では、髪を滑らかにし、頭の中に個々の羽毛を形成し、バングを個別にモデル化し、すべての髪の毛を手のひらで歩いて、根やぎざぎざを少し持ち上げてください。髪型を最終的に固定するには、髪を拳で握り、数秒間握ってから離します。ディフューザーで敷設を改善することができます。

長くて直接的な「湿潤効果」(いたずら)髪には最大限の忍耐とスキルが必要です。カールがややカールのように見える場合は、髪を見るのが最善です。これを達成するには、弾性バンドを使用する必要があります。手でゲルをつけ、小さな糸を束にひねり、ゴムバンドで固定します。およそ1時間で、それらは取り除かれ、やや不規則なストランドになります。この場合、意図的な「カオス的」な障害を達成するためには、ディフューザーを適用することも(ほとんど必要であっても)望ましい。長い髪を使って作業するときは、頭の全体に「ウェットエフェクト」を作成する必要はありません。上側の個々のストランドだけを処理するだけで十分です。

髪型を作る過程で、どのくらいスタイリングエージェントを置く。決して遠くに行くことはできません。結局のところ、髪はちょっと濡れて見えるべきであり、文字通りの意味で濡れていないはずです。さらに余剰ファンドのヘビーなヘアスタイルは、特に長髪の場合には全く受け入れられません。

コメント(0)
コメントを追加