「買い手と顧客との決済」という勘定の文脈における卸売業における商品の会計処理

マーケティング

従事している企業または組織売買仲介業者、実際には買い手との間のすべての貿易関係を記録することが義務付けられています。この点で、卸売業における商品の会計処理は例外ではない。当然、小売業の場合の顧客との決済は、キャッシャーなどを介して現金を使用して行われますが、卸売の場合、システムの大半は非現金支払い、場合によっては交換の関係で使用されます。特定の企業のための商品または製品の供給では、ほとんどの場合、最終的な財、製品またはサービスの生産のために直接販売または使用することができる特定の物質価値の直接受領。しかし、これとは別に、倉庫への冷蔵やエネルギーサービスの提供など、機器の供給など、さまざまな物資が存在することを忘れないでください。もちろん、これらの経費も考慮する必要があります。

バイヤーとの決済時の卸売取引における商品の会計処理

決済と呼ばれるよく知られている口座「購入者と顧客」は、本質的に、顧客または購入者が個別に提出したすべての口座、および特定の顧客または購入者のための予定支払いに関する分析的な会計処理の実施を意味します。知っているように、会計で行われる勘定科目表は、個々の顧客に関する最も完全な情報を得るために、卸売業の分析のような重要なコンポーネントの実装を含みます。この情報は、特定の期間に納入品を支払っていない顧客、支払期限がまだ到来していない文書、様々な種類の債務の発注書、請求書、および同様の将来の支払に関する文書に特に関係します。サブアカウントのようなコンセプトは、一般的には勘定科目とは見なされないことに注意してください。これは驚くべきことではありません。卸売業のタスク、したがって各組織や企業を管理する方法と方法は独占的であり、または全身性である。これを踏まえて、個々のビジネスエンティティは、それ以前の卸売業のタスクから進んで、独自のサブアカウントを開きます。

個々の取引相手による卸売業の分析

卸売業における商品の会計処理は事実によって複雑になるが、各顧客の口座「買い手と顧客との和解」は、それぞれ、販売契約に記録され、商品の配送および/またはその範囲のためのいくつかのオプションを提示することができます。一方、積極的分割払いを使用するか、銀行システムの関与なしに顧客にクレジットされている業界団体であり、個々のクライアントの会計処理の面で作業する必要があります。この点で、卸売業における商品の会計処理は、特にその分析要素において多少異なる。時間がかかり、個々の、法的のみならず、物理的な人の分析的会計はもちろんのプロセスであると考えられますが、最終的には、アカウントの最終形成の透明性を確保している「買い手と顧客との和解を。」さらに、分析会計では、支払いの遅延、および該当する期間内に行われた前払いおよび現在の支払を監視することができます。

コメント(0)
コメントを追加