それは暖かく、快適で美しいだろうように、冬には何を着るのですか?

ファッション

ファッショナブルでモダンに見える、同時に快適に過ごすことができ、健康を保つことができます。これらは、冬に何を着るかの選択を導く基本的な原則です。以前はミンクコートが威信の象徴であり、ロングシープスキンコートは厳しいロシアの気候に適していましたが、今、特に暖かく肌寒い1月の天気の場合には、はるかに多くの選択肢があります。

冬に何を着るか
冬に何を着るべきかを知りたいのでそれは快適でしたか?まず常識を使いましょう。車を運転すると、長い毛皮のコートやつま先の冬のコートが不快になります。この場合、軽いジャケットに身に着けているより適切な毛皮のベスト。しかし、公共交通機関を中心に街を移動する場合は、実用的な理由から長い高価な服をあきらめてください。雪に混じった汚れや泥はどれくらいの量を覚えていますか?バスやトロリーバスの床や階段には通常蓄積されます。簡単に洗うことができる材料から暖かいパンツを着る方が良いです。はい、近代的なロシアの都市の条件にある革製の靴は、特別な構成を保護するために推奨されています。
冬には何を着るか
冬に着るもの、選ぶ方法靴と服?もう一度、まず第一に、常識と快適さがあなたの顧問でなければなりません。たとえば、スティレットブーツはスポーツスタイルの服には適していません。さらに、凍った状態では、そのような靴は単に危険です。したがって、安定した滑り止めソールでブーツや絶縁ブーツを選ぶのが最善です。金属製またはプラスチック製のタップはゴムを置き換えます。トップスの高さは、スカートかジーンズかを問わず、パンツやタイトなレギンス、またはゆるい幅のどちらを好むかによって異なります。健康を維持するために冬に何を着るのですか?タイトなスリムパンツやレギンス(レギンス)が好きなら、長いジャケットやカーディガンドレスを選んでください。腰部と低体温の女性器官に脆弱であることが重要です。すべての種類のミニウエアとローウエストモデルは、より暖かい年のために出発します。

ジーンズと一緒に冬に着るもの

冬に何を着るかを選ぶときは、シルエットの比率を尊重することが重要です。
スカートの "床の中"には、逆に、狭くフィットする短い毛皮のジャケット、コートまたはコート。上部がフレアされている場合(例えば、台形のシルエット)、「ボトム」は真っ直ぐにする必要があります。多くの女性は、冬に何を着るか知らない。それはすべてモデル、ファブリック、スタイルに依存します。ニット・ドレスは長くても短くても問題は少なく、セーター、ビジネス・ジャケット、ブラウス、ハイ・ブーツ、ハーフ・ブーツと完璧に組み合わせられています。温度が許せば、短い袖のモデルを着て、適切なウールブラウスまたはオープンワークジャンパーを選ぶことができます。しかし、冬にジーンズを着ることで、おそらく誰もが知っている。ブーツや高いトップスのブーツと組み合わせるために作られたかのような狭いモデルの「タバコ」。彼らのために中立シャツかジャンパー・タートルネックを手に入れてください。優れた服装はオフィスと自由時間の準備ができています。

冬に何を着るのかを考えるのが最も難しい頭に毛皮や皮革の帽子、またはフォークスタイルのスカーフ、例えばOrenburg downやPavlovoposadに合うシープスキンとミンクの毛皮を毛皮にコートするにはジャケットは、控えめなニットの帽子やベレーを目にしています。しかし、毛皮の襟でコートすることは、質感に合った柔らかい帽子を選ぶ方が良いです。ファッショナブルなスカーフ - パイプや帽子は、原則として、あらゆるスタイルやアウターウェアにフィットします。ショートコートとルーズカジュアルジャケットとを組み合わせることが好ましいが、

コメント(0)
コメントを追加