Art Nouveau in Clothing:概要、機能とレビュー

ファッション

クラシック、ビジネス、アバンギャルド、フランス語、軍隊、ヒッピー、サファリ...今日のファッション業界は、ファッショナブルな女性やファッショニスタのイメージを作成するための数多くのスタイルと方向性を提供します。この多様性の中でも、服装のモダニズムスタイルは1年以上もの間、その地位を維持しています。この方向性は何ですか?デザイナーや一般の人々を引きつけるものは何ですか?

洋服の現代風

特性

まず第一に、モダニズムのスタイルのドレスはっきりとした、まっすぐな、または厳密な線がないことが特徴です。この方向は、風合い、明るさ、形態の不正確さ、制限の回避を象徴する。このスタイルの服を強調する唯一のものはウエストです。ドレス、コート、スーツなどで際立つ場合があります。また、そのような機能を持っている:

  • S字のシルエット。
  • やや上がった肩。
  • シックなファブリック(crepe de Chine、タフタ、ベルベット、シフォン、豪華な)。
  • 自然画、プリント、刺繍。
  • ゴールドジュエリー。
  • 高い首輪。
  • アクセサリー:マント、ペテロリン、装飾品、クラッチ、帽子など

また、一部のモデルでは、カットの非対称性が適用され、画像に謎とあいまいさが与えられます。

アールヌーボー様式で使用される主なジッパーはジッパーではありませんが、ボタンは、衣装全体が作られたのと同じ生地で詰まっています。また、テープを使用してトーンを調整します。

今日のこの主な配色方向は、白、ベージュ、サンゴ、梅、緑、青のパステル色合いです。デザイナーは、しばしば、野生生物の住人とのつながりがはっきりとしている明るい色、版画、絵画のコントラストで遊ぶこともあります。

現代風の女性衣装

起源

この傾向はヨーロッパで発生しました。 フランスのファッションデザイナー、ポール・ポアレは、芸術家や他の人々と多くの話をし、創造性が好きで、展覧会やギャラリーを訪れました。彼の感情や芸術作品の印象を表現することができなかった彼は、イメージ、シルエット、スタイルを作成することができたので、それらを実装し始めました。非常に迅速に、彼のモデルは観客に適しており、新しい方向性が人気を集めました。 19世紀の服のモダニズムスタイルは、まず女性のS字型のドレスで、腰に明るいアクセントが付いています。シルエットを「トップ」と「ボトム」に明確に分けたのは、カラーソリューション、胸の装飾、緑豊かなスカートでした。新しい方向性のファンとフォロワーのインスピレーションは、母性自身でした。女性は蘭の花、菊やユリの芽のように見えるようにイメージを作成しました。歩くときに、ドレススタイルは、激しい蛾や蝶、光、風通しの良い、神秘的なように見える若い女性によって作られました。女性や真珠の長いネックレス、ビーズ、ビーズや石の刺繍、リボンが味わうようになりました。

19世紀の洋服のモダンなスタイル

開発

20世紀の洋服のモダニズム様式は、過去を忘れていただけでなく、新しいファンを見つけ、変容し、誇らしげに第3千年紀のファッションの世界に移った。真実ではありませんでした。第二次世界大戦の前に、女性はコルセットをあきらめて、服をより快適で実用的にすることに決めました。これはアールヌーヴォー様式に影響を与えることはできませんでしたが、しばらくしてから再びコルセットを使わずに元気づけられましたが、同じ容易さ、滑らかな線、自然なモチーフがあります。今やドレスや衣装はさらに贅沢になり、新しい織物やドローイングのテクニックが、蝶、花、植物や動物のスタイルの素材プロトタイプに移行することを可能にしました。さらに、20世紀の女性用ワードローブの急速な進化により、ファッションデザイナーは、ドレスだけでなく、ブラウス、ズボン、ジャケット、コート、ジャケットにもスタイルを伝えることができました。そしてイメージを補完するために、今では足首のブーツやサンダル、ヘアカット、メイク、モダンなアクセサリーができました。

洋服の現代風

珍しい一見

あなたはどうやって不自然なものを組み合わせることができますか? しかし、デザイナーやクートゥイヤーは、最も厳しいモッズを驚かすことができます。彼らは、野生のカウボーイ西部と簡単な自然主義的な近代性を組み合わせて、ユニークなイメージを作り出すことができました。カントリースタイルの洋服は、まずラフで濃密な生地で、実用的で便利なカットです。しかし、それはまた、刺繍や織りで方向と自然との交差部、及び装飾品の非常に豊富、そして自然のモチーフを持っています。例えば、アールヌーボー様式の雪のように白いブラウスは完全に革ベルトとブーツと彼の肩の上に投げ岬珍しいが、非常に魅力的な画像を補完するとともに、カントリースタイルでパンツと組み合わされます。

だから、スタイルを受け入れない人でも純粋な古典的な現代の現代では、考えるべきことがたくさんあります。結局、方向を組み合わせて結びつけることができ、その結果、個性と創造主義を強調する新しいユニークなイメージと、そのようなドレスの幸運な所有者を受け取ることができます。

現代の服装のカントリースタイル

特殊なケース

いくつかの近代的な近代的な若い女性が日常着用の服は選択されず、他の地域に優先します。しかし、一人の女性ではなく、夕方とウェディングドレスを無関心にしないワードローブアイテムがあります。ソフトで流れるような輪郭、シルエットの自然なモチーフ、そして神秘的なイメージは、最も普通の女性でさえ、夜の女王に変えることができます。加えて、このようなドレスでは、帽子、ベール、ライトスカーフ、レースグローブ、小さなクラッチが非常にうまく組み合わせられています。現実のイベントのために実際には、ビーズ、ブレスレット、ネックレス、その他の装飾品があります。そして、光のレース、ばりまたは石について何が言えるでしょうか。

20世紀の洋服のモダンスタイル

女性は何を言いますか

これまたはその方向性についての異なる女性のレビュー居住地、伝統と文化的特徴の国によって大きく異なる可能性があります。しかし、有名人、光沢のある雑誌やファッションが精力的に留年、今年の「オートクチュール」を示し、ドレスやスーツの女性は、アールヌーボーは、現代の女性のワードローブでなければなりません。それは外出用や友好パーティーのためドレス、または単にショッピング旅行のために - それが何であるかは重要ではありません。ファッションハウスや、アナスイ、ミウッチャ・プラダ、クリスチャン・ラクロワなどのようなファッションデザイナーのコレクションは、常にどのような意志から正確に選択することを意味し、新しい形やアールヌーボー様式のアイデアを補っています!

コメント(0)
コメントを追加