企業の固定資産の分析

ニュースと社会

状態の包括的な調査を行う企業の資産や負債を慎重に分析するだけでなく、生産プロセスのすべての段階を完全にカバーする必要があります。固定資産は資産の大部分を占めるため、その分析は特に注意深く行う必要があります。この記事では、会社の固定資産の適切な分析方法について説明します。

まず、一般的な理由を理解しようこの分析は必要ですか?固定資産の分析は、固定資産が最も資本集約的な資産であるため、追加投資を行わずに事業を成功させる機会が現在あるかどうかを理解することができます。さらに、最も詐欺的な金融詐欺を発生させる主な手段によって、定期的な徹底的な分析が必要です。

OS分析の基本的な側面を考えてみましょう。

- OSの取得と評価の分析により、固定資産が購入された時期に関する情報、および法定および会計基準に従って一次原価が正しく見積られたかどうかについての情報を体系化すること。

- 固定資産の技術的条件の分析OSの状態を今すぐ評価し、将来的にそれらの置き換えの必要性を予測することができます。さらに、OSの状態の分析により、償却費の正確性を評価し、控除額で詐欺を識別することが可能になります。

- 固定資産の動きを分析すると、固定資産は、企業の異なる部門間での使用期間中に移動したかどうか、企業の1つの構造部門から別の構造部門にOSの所有権が移転されたかどうかなどが記録されました。しかし、固定資産の移動は、固定資産の論理的な連鎖、OSの販売を考慮に入れて、帰属させることができ、その売却は可能であり、次のポイントに帰することが適切であると考えている。

- OS再現の分析 - 別の情報源違反や詐欺が多発しています。この分析では、残存価値でのOSオブジェクトの販売に関するドキュメンタリーデータの信頼性と、資金と減価償却基金の使用を評価することができます。再生の分析は、生産活動が不可能ではない、企業が主な資源をどれくらい効果的に回復させるかを理解することを可能にする。

OSの売上高の期間はかなり大きいので、2年から10年(さらにはそれ以上)年である可能性がありますが、毎年固定資産を分析するのは意味がありません。この分析は、おおよそ5〜7年ごとに実行することをお勧めします。これは、OSの制御を維持し、技術的な条件や摩耗による置き換えの必要性を監視し、OSオブジェクトによる不正を最小限に抑えるのに役立ちます。

固定資産の分析を行うためには、会社の従業員(会計士、会社役員)、および監査会社の代表者などの外部者に関与する可能性があります。 OSの監査は、自力での検証よりもはるかに高価になるが、高級な専門家によって高いレベルで実施されるという自信を与え、違反や詐欺の事実が気付かれないことを恐れる理由はない。

当然のことながら、固定資産の分析は、「検証のための検証」であること - その結果に応じて、OSの最適化、更新、会計システムの変更、またはその他の経営判断に関する措置を取る必要があります。そのような決定の採用はもちろん、OS分析の目標です。

コメント(0)
コメントを追加