生態リスク。

ニュースと社会

環境リスクは確率的さまざまな人為的影響または他の事象および現象の場合に、環境および人自身の両方のために生じる脅威の記述。どんな生態毒性物質も疑いのないストレッサーです。環境リスク評価では、ストレス要因が、化学的、機械的、またはフィールド的な影響であると仮定している。これは、生態系および生物系の変化を負と正の両方で引き起こす。

環境リスクアセスメントの概念には、リスクアセスメント、またはリスクアセスメント、リスク管理、またはリスク管理の2つの要素。リスクアセスメントは、この特定の状況におけるリスクのレベルの起源、特定および決定の科学的分析である。 「環境リスク」の概念は、その中で起こる特定の生態系やプロセスを脅かす危険を意味します。生態学的な被害の指標は、汚染の増加、様々な特定の疾病の発生の増加、湖沼、海、川、森林などの大きな自然遺産の死亡に関連する生態系への有害で、おそらくは不可逆的な影響、環境劣化等々。

環境リスクは管理可能である可能性があります。 このためには、リスクの状況自体を分析し、リスクを削減する方法またはリスクを減らす方法を見つけることを目的とした法律または規制の形で経営上の決定を策定し、実証する必要があります。

環境リスクの理論は原則を形成する人間のコミュニティーの姿勢を、環境問題の原因となる技術的な問題のトラブルのない操作を保証する必要性に特徴付けるものである。

1)ゼロ環境リスク:この原則は、このオブジェクトに損傷を与えることが不可能であるという人々の自信を反映しています。

2)完全かつ絶対的な安全またはゼロリスクに対する一貫したアプローチ:このリスクを軽減する技術の適用に関するこの方向の研究の実施が必要である。

3)最小限の環境リスク:人間の安全保障のためのコストの正当性の原則に基づいて、最大限達成可能なレベルの危険性。

4)バランスの取れたリスク。 この原則によれば、あらゆる自然災害および人為的影響を考慮に入れて、各事象および人が危険に曝される可能性のある状況のリスクの度合いの研究。

5)容認できるリスク。 この原則は、コストリスク分析、利益とリスク、またはコストと利益に基づいています。このようなコンセプトは、リスクを排除することが完全にまたは経済的に不利益であるか、または事実上実行不可能であるという事実から生じる。つまり、リスクの可能性を減らすためのコストを最適化する合理的なレベルのセキュリティを確立し、

可能性のあるリスクを評価する最初のステップは、人間と環境の両方に対する本当の危険の特定この段階では、研究が大きな役割を果たしています。ハザード同定とは、一般的なバックグラウンドから信号とその選択を検索することを意味します。

第2段階では、曝露が評価されます。すなわち、どのような方法で、どの媒体を介して、どのような量で、正確に、そしてどれくらいの期間、影響が生じるかが特定されます。

第3は、用量依存性への影響の依存性の評価である。受信した有害物質の投与量と有害な健康影響の可能性とを関連付ける定量的パターンを決定すること。

そして第4は、以前のすべての結果であり、リスクの特徴です。それには、人間の健康に及ぼす可能性のあるすべての有害影響の評価が含まれています。

コメント(0)
コメントを追加