法と道徳、その比

ニュースと社会

相互に関連しながら、法と道徳は人間社会のすべてのメンバーの間の関係の順序を規制する。

法律は本質的に国家の法律によって決定される人間の行動の技術的規範です。

道徳は人間の行動の社会的、道徳的規範であり、人々の関係の範囲をカバーしている。

道徳と法との関係は、あらゆる社会の主要な問題の1つです。

法的規範の実施は特別の州の装置によって管理され、道徳的規範や規則の遵守は世論によって管理されている。

道徳の普遍的な内容の黄金のルールは、よく知られている真実によって最もよく表現されます。「人々にあなたがやりたいと思うようにしてください」

古代では、「正しい」と「道徳」の概念は、ほぼ同じだった。法遵守は最高の美徳と考えられていました。中世では、「正しい」と「道徳」という言葉はもはや同義語ではありません。倫理からかなり自律的な法制度の形成の時代が始まりました。しかし、法律と道徳的な態度の両方の正しさの基準は、神の法律の遵守も同じでした。

右と道徳は外からは出てこない社会、社会の発展の製品。道徳と法律の比率は非常に困難です。それらの間には、密接な関係があります。これには次のコンポーネントがあります。

- 統一。

- 相互作用;

- 違い;

- 矛盾。

Unity: 両方のコンセプトは規範的な内容を持ち、人々の行動を規制し、社会と個人との相互作用の調整という1つの目標を持っています。彼らは共通の文化、社会の経済的および社会的利益に基づいた共通の社会規範を持っています。

インタラクション1つの目標は法執行です。違法行為は道徳的ではありません。彼らの評価では、法と道徳は一つです。

相違点:権利は管轄当局を発展させる法的行為に反映されます。道徳の要求は世論に反映されている。道徳のアイデアは、美術、文学、メディアによって伝えられます。

矛盾:それらの違いに由来します。 法律と道徳は、社会のように、絶え間ない発展の過程にある。しかし、その権利はより保守的です。立法はしばしば多くの欠陥や隙間を含んでいる。道徳はよりダイナミックで活発で、社会の変化に敏感です。

密接な関係にあるので、これらの現象は不均一に発生する。したがって、原則として、どの社会も異なる道徳的、法的地位を持っています。

人が調和できるように特定の社会に存在している場合、特定の状況下で人々の行動を規制し、方向づける一定の社会規範を遵守しなければならない。ノルムは、境界、行動規則を定義することを意図しており、この挙動を評価する。注文を確実にする手段です。

ノルムの主なタイプ:

- 税関;

- 道徳的基準。

- 機関、すなわち社会制度に組み込まれている。

- 法律。

規範の違反は否定的な反応を引き起こす確立された行動パターンから逸脱した人を対象とした社会。反応は特定の制裁の形で表現される - 罰または励まし。規制制度は社会と共に発展し、確立された規範に対する社会の態度が変化している。一般に受け入れられているものからの逸脱は、社会の安定を脅かす。

価値は、個人が努力する明確な目標(理想)です。それは人生の優先事項、参照点を定義し、一定の活動に人を励ます。

社会の社会的秩序は、基本的価値がそれに対して義務的であると考えられるものに依存し、行動の基準として選択される。

社会的規範と価値観は、社会の各構成員の社会的行動を規制する非常に重要な機能を果たします。

コメント(0)
コメントを追加