一般公開とは

ニュースと社会

公募は法的な提案ですまたは民間人が民法の性質の特定の契約を締結することができます。それは、製品またはサービスを提供しているこの法的または自然人の意図を明確に表現している特定のエンティティに向けた提案を意味します。

公募

契約は次のように締結されなければならないオーダー。一つの側面は、契約を締結する(または提供)するために別の提案を送信し、他方が - それは提案を受け入れるか拒否します。時には、これらのアクションが同時に発生する可能性があります。そして、当事者が一緒に来て、すでに彼らは提案に同意することを意味契約書にサイン。

しかし、これは必ずしもそうではありません。したがって、受入れと供給の間には時間差があります。

オファーの兆候:

- 確かなものでなければならない。

- 契約を締結する人の指示を示すべきである。

- 契約のすべての本質的側面をそれ自身に含みます。

サービス提供契約
公募は、サービス広告であるメディアやその他の有益な情報源にある商品。これは、この製品またはサービスの正式な提供を伴う不特定多数の人々へのアピールです。

必要な措置を行った者このタイプの契約(例えば、特定の製品またはサービスを申請した者)を受け入れることで、プロバイダーは債務を履行する必要があります。

一般公開には1つの意志だけが含まれていますオファーを指示する当事者。したがって、値を決定することは、相手の応答を有しています。締結された契約のためのためには、あなたはその人の絶対的な同意が必要です。それ以外の場合、動作しません。

サービス提供の申し込みの契約は、男によって "受け入れられる"。受諾は、人に彼に宛てられたオファーに対する肯定的な反応であり、それは彼がそれを受け入れたという答えです。それは無条件でも完全なものでもよい。

オファーの例

受諾のために沈黙を受け入れることはできませんが、法律で規定されているように、事業の売上高の関税。以前に開催された当事者間の取引関係が考慮されます。受諾とは、契約書に規定された条件を実行する申し出を受けた俳優の手数料でもあります(これは、商品の荷降し、様々な作品の演奏、サービスの提供、金額の支払いなど)。

公開されている行動を実行する受諾中のオファーは、契約を囚人として定義するのに十分と考えられます。したがって、サービスの支払い(またはオファーの他の条件の実行)とオファー契約のテキストは、合法的に締結された契約として認識されます。通常、オファーの印鑑や署名は行われませんが、当事者の1人が会計のためにこれを要求することがあります。

オファーの例: 広告、ならびに不適切に定義された人のサークルに関する他の提案を含む。提案との契約には、すべての本質的な特性が含まれていなければなりません。また、サービスを提供している人の意思がはっきりとわかるはずです。広告に関する連邦法では、そのようなオファーも規定されています。オファーが別の期間を提供しない場合は、広告行為の配信開始から2ヶ月間有効です。

コメント(0)
コメントを追加