国際連合の国家連合

教育:

国際連合の国家連合 責任の移行を表し、ある国が別の国に法的可能性を持つ。このプロセスの理由は、国家の存在の停止またはその領土の変更である。限界値 国家の継承国の主権によって決定される。

国家の継承

主要な理論

国家の継承 の最古の機関の1つと考えられています世界の法的制度。科学では、ある国から別の国への責任と機会の移行に関するいくつかの理論があります。特に、概念があります:

  1. ユニバーサルと部分的な継承。
  2. "ボードをきれいにする。"
  3. 継承と非継承。
  4. 継続性。

より詳細に検討しましょう。

概念の特徴

ユニバーサル理論に基づいて合法的継承では、国家は、人口、地域、政治組織、義務および権利からなる法的実体である。部分的な伝達は、以下の特徴を有する。前身国は、破棄された領土に対する主権の存在を暗示するものではないそのような義務と法的可能性を保持している。後継者は、国家の一部を提供すること、あるいは国家を分離することのいずれにおいても、それらを受け入れない。 "純粋なボード"理論によると、新しい国は前任者の合意に縛られていない。承継の概念の本質は、州の法的実体が州の建設を変える過程で廃止されたことを意味する。新しい人物は、前任者の職務と法的能力を自分のものと同じように引き受けます。理論nepravopreemstvennostiによると、人に国家元首、唯一の右の動きが誰ですか。前身国の義務は移転されない。継続性の理論、まだ力のすべての合意によります。この場合、世界の法の対象として認識するための手順を経る必要はありません。国がその前身の後継者であるという事実を修正するのに十分です。例えば、1991年、12月25日、(当時オランダ)EUの状態の会長は、OHの憲章から生じる、特に、を含む、ロシアが国際的な義務と旧ソ連の権利を持つパワーであることを述べた声明を発表しました。

国家の継承に関する条約

移行の根拠

国家の継承 以下を用いて実施することができる。

  1. 社会革命
  2. 2つ以上の部分に国の崩壊。
  3. ある地域が他の地域に入る際の権限の合流。
  4. 首都圏諸国に関する規定の定義と新しい独立国家の創設。

世界の人生は分離の多くの例を知っている国の統一。例えば、Art。 1990年のドイツにおける最終和解に関する条約は、東ドイツ、ドイツ、ベルリン全体を含む。 1991年のCISの形成に関する協定の下で、ソ連は世界法制度の対象として存在しなくなりました。その領域では、結果として12の独立国が現れました。

特異性

国家の継承 連続性の問題と密接に関連している世界システムの主体の存在とアイデンティティ。後継国は、通常、前任者のすべての責任と法的能力を引き受けます。その事実に注意を払うことはできません 国家の継承 現代の規範的機関と密接に関連している。特に、国間の合意、責任、異なる組織のメンバーシップなどについて話しています。

規範ベース

現在、法的機会と責任の移行が行われる2つの主要な文書があります。特に、最初は ウィーンの国家継承に関する条約 州の財産、アーカイブと債務。それは1983年4月8日に採択されました。加えて、条約に関する国家継承に関する条約は有効である。それは1978年8月23日に採択されました。

国際連合の国家連合

タイプとオブジェクト

現在、 次の点に関する国家の継承:

  1. 契約.
  2. Stateプロパティ。
  3. アーカイブ。
  4. 借金。

オブジェクトとして、それぞれ行動することができます:

  1. ボーダー。
  2. 州の財産、アーカイブ、債務。
  3. 国際条約。
  4. 政府間組織のメンバーシップ。
    条約に関する国家の継承

協定に関する国家継承に関する基本規定

それらは1978年のKの文書で定義されています国家の継承に関する条約 特に、新しい独立した国は、職務移転時に法的可能性が相続の対象となる領域に及んでいる多国間協定の参加国としての地位を確立することができる。ただし、この要件はすべての場合に適用されるわけではありません。特に、新たな独立国に関連してこの条約を使用することにより、その条約の条件が大幅に変更されたり、その目的と主題に反するとの合意が成立した場合には適用されない。多国間文書への参加が他の当事者の同意を必要とする場合には、その領収書が出されたときにのみ、その状態を確立することができる。この場合には、 連合国連合に関するウィーン条約 通知を行う"相続"。それは書面で発行されます。通知では、新国家は、条約の一部によってのみ拘束されるという同意を表明するか、またはこの可能性が条約で規定されている場合には条項の中から選択することができる。移行対象となる文書は、当事者がこれに明確に同意した場合、またはその行為により、対応する意思を表明したものとみなすべきである場合、新国と相手方の間で有効とみなされます。

連合国連合に関するウィーン条約

州のプロパティ

前身国の財産の移転は、彼に対する彼女の権利の終了。したがって、新しい - ホスト所有権 - 権限で法的な機会が生まれます。移転の日付は継承の瞬間です。通常、財産の継承は補償なしに行われます。 Art。領土の一部が他の国に移転する1983年条約の14条において、国有財産の提供はこれらの国家間の合意によって規制されている。このような文書がない場合、次のいずれかの方法で問題を解決できます。

  1. 国の領土にある不動産は、相続人に渡されます。
  2. 転送対象となる領域内の先行国の活動に関連付けられた移動可能オブジェクトは、後継者によって取得される。

統一と分離

2つ以上の国が合流すると、それらは後継国を形成する。前任者の国家財産は完全に新しい力に移ります。状態が分割され、その存在が終了し、いくつかの後継国がその部分から形成されるとき、それが所在する領地の財産は財産を受け取る。オブジェクトが前のオブジェクトの外にある場合は、オブジェクトは等しいシェアのすべての相続人に移動します。

関連する国家の継承に関するウィーン条約

アーカイブ

彼らはあらゆる種類の文書のセットです種類および処方箋、前任者がその機能の過程で取得または作成したもの、国内法に従った承継時に彼が所有し、彼の管理下に直接保管されているものアーカイブの移行日が継承の瞬間です。伝票は補償なしに転送されます。国家の前任者は、完全性を保ち、アーカイブの破壊や損傷を防止し、後継者に渡すために適切な措置を講ずる義務があります。

債務

彼らには、国際機関その他の世界法制度の実体に関する先行国の義務。債務の移行は、以下の結果を意味する。まず、前身国の義務は解消される。したがって、後継国から生じる。債務の移行は、債権者の法的可能性に影響を及ぼさない。

条約に関する国家の継承に関する条約

自然人の国籍

の分野における最も緊急の問題の1つ国際的な継承 - 国家の主権国家を変えた結果。市民権を規制する重要な規範は、国内の国内法に含まれています。しかし、それは国際法の影響をかなり受けます。 1997年の欧州評議会は、ある国から他の国への法的な機会と責任の移行における市民権の取得と喪失に関する条項を採択した文書を採択した。 1996年9月には、人口の継承の結果に関する宣言が承認された。これらの文書に基づいて、国連委員会は市民権に関する記事を起草した。重要な点は次のとおりです。継承の時に、前身国の市民権を有する者は、それを取得する方法にかかわらず、少なくとも1つの新国籍の市民権を有する。

コメント(0)
コメントを追加