法制度と法制度は相違点である

教育:

非常に頻繁に日常生活の中で法と同一の概念によって認識された立法制度。しかし、法学の観点からは、これらの2つの概念はかなり異なっている。それらを考慮し、発散点を特定する。

法制度と立法制度 - 一般規定

現代科学では、法制度の定義にいくつかのアプローチが開発されています。この概念を区別するための遺伝的、歴史的、構造的方法があります。

遺伝学は系の説明を組み込んでいる第一次及び第二次基準の観点からの権利。このアプローチの中心には男性がおり、デリバティブは国家だけでなく社会でもあります。これにより、自然(個人の法的人格の確立)と法律の積極的(法的人格の規制)の指定が円滑に行われます。したがって、この文脈における法制度は、自然法と積極的法の組み合わせである。

このコンセプトの定義に対する歴史的方法は、それが法律、慣習法、契約法および判例法の法律の組合であることを確立している。

しかし、大部分の法学者は第3の方法、すなわち構造的な方法を好む。彼によると 法制度は、業界、法律機関および法的規範を含む、十分に規制された教育として機能します.

立法制度それどころか、それは明確に定義された単一の定義を持っています。そして、彼によれば、 国の領土内で実施されているすべての法的規範の統一、関連書類に託されている。法制度の基本要素は、以下の特徴によって区別されます。

1)産業 - 労働、民事、犯罪、憲法、行政などまた、この機能は水平要素の基準とみなされます。

2)法的強制力 - 部門はお互いの規範の従属。ピラミッドの一番下には地方行為があり、その上には憲法上の行為の条項に抵触しない法律に従う下位行為があります。

3)国の地方構造の形式に従う - 国と地方の法律、後者は最初のものと矛盾する権利はない。

ご覧のように、法制度の要素は、法制度の構造的基盤と大きく異なります。

法制度と法制度:その関係

法律を制定することなく法を構築することは不可能です。したがって、法制度と法制度は全く異なる概念であるとは言えません。

法の体系は客観的な立場から構築されている現実。実際、基本的な要素である法の支配は、特定の法的関係におけるその適用に基づいてのみ、特定の業界または機関を指しています。しかし、法的制度の基本的要素 - 法的行為 - は一度にいくつかの産業を規制することができます。

それにはもう一つの基準があります法制度と法制度は異なる。彼らの関係は、規制行為と法の支配の記事の構造と内容に由来しています。知られているように、法の支配には、処分、仮説、制裁が含まれていなければならない。しかし、ここで公式化(例えば、法律または勅令)において、規制法の条項は、法の支配の個々の要素を操作することができる。さらに、1つの記事は、様々な関係のいくつかの規則を一度に含むことができる。

結局のところ、議論された議論のおかげで、法制度と法制度がコンセプトと交換できなくなる状況が生まれる。

コメント(0)
コメントを追加