現代科学としての社会学と政治学の基礎

教育:

初めて、「社会学」という言葉がAuguste Comteによって紹介されました。フランスの科学者。社会学、対象として、その中に個人の社会だけでなく、それらの間の関係の原則を検討しています。社会学の課題は、社会における社会問題の説明と実用的解決である。

どの社会の政治関係も勉強している政治学。政治学の主題によって研究された問題の範囲には、政治システムの主な構成要素(国家、様々な公共機関、政党)の役割と相互関係の分析が含まれます。

社会学と政治学の基礎は、科目として、社会の機能の基本的な側面を研究することで、社会を単一の社会文化的かつ政治的組織とみなすことができます。社会政治の規制と不可分に結びついた社会における社会関係の発展のパターンを理解する機会を提供する。個人と社会の関係の発展を決定する法律を勉強することができ、また、社会構造とこの構造の要素間の関係の性質を分析する機会を提供することができます。

科学としての政治学の形成は、社会政治的関係を規制する能力、そして民主主義のコンセプトを構成する相互に関連した問題の複合体全体あなたは国家の外交政策の原則や様々な政治勢力の中での発展、国家の国際関係の性質への影響を研究することができます。

社会学と政治学の基礎を考える現代社会の機能のこの2つの領域にのみその存在の全体で考えることができると主張することができます。 (内部および外部)政治関係は、経済的、社会的、イデオロギー的な関係を含め社会的関係の総体と併せて分析することができます。

政策立案法に関する科学としての政治学の構造は、いくつかの方向性を組み合わせ、そのような科学を表しています。

- 政治哲学。 このセクションでは、社会関係システムにおける政治の場所と役割に関する考え方の基本原則を定義する。政治哲学は、政治科学におけるある基本的な瞬間(政治学における概念とカテゴリーを定義する装置)の形成の原則を定義している。

- 政治思想の歴史: その政策の面での国家の生活についてのアイデアの進化の段階を研究し、異なる時代に存在した政治的生活の要素を研究する目的である。

- 政治的社会学は経験的データの収集と分析に基づいた政治的事象、現象、プロセスの研究の非常に広範な枝である。科学としての社会学と政治学の基礎は、統一された科学における社会の発展の様々な側面についての知識を合成することを可能にする。

- 政治心理学 - 研究する科学社会における個人の政治的行動、そして彼のモチベーション。科学のこのセクションに特に興味があるのは、大衆の政治行動の研究です。

- 政治的人類学は人を研究し、誰(どのような形でも)は政治活動に従事しています。この知識分野では、人々が政治圏に入るための前提条件、動機づけ、条件、政治的関係における個人的関心の要素を研究し、人間と人間の政策において「存在の痕跡」を確立する。

社会学と政治学の基礎を学び、国家の政治社会生活における現代的な現象を考慮すると、これらの科学は絶え間ない発展とダイナミクスにあるという結論に至ることができます。

コメント(0)
コメントを追加