公式およびビジネススタイル:テキストの例コミュニケーションのビジネススタイル:機能

教育:

ビジネススタイル、その例この記事で紹介されている方法の1つは、社会のすべてのメンバーに関係しています。彼は、国家や公的機関との必然的な日常的なコミュニケーションにおいて私たちに同行します。通常の人は、ビジネススタイルを使用するときに最も頻繁に受信者です。異なる性質のビジネステキスト全体が潜在的に特別に指導されている場合、多くの例があります。彼自身がそのようなテキストを作成し、それをさまざまな権限に送る状況は、それほど頻繁には発生しません。

ビジネススピーチの種類

ビジネススタイルの例

ビジネススピーチは、好きな人に向けられます。彼の国の市民。それは州から来て、規範的で公式です。これは国家と法律の演説です。それはまた、個人に個人宛てに送信することもできます。この場合、その公式性は弱まっています。最初のケースでは、法律、規則、法令、注文、注文、ビジネススタイルのルールが提示されています(例を続けることができます)。第二に、経済改革の進展に伴い、新しい形やジャンルが採用されています。

ビジネススピーチの創造性

公式のビジネス例

直接的な影響を及ぼす欲求それぞれの人は、様々な、時には明るく表現力豊かな言語表現の方法の検索と使用につながり、理解しやすく、強迫しています。これは、作文者であれば、文章であればポスターの芸術に近く、文章であれば創作者から創造性と創造性が要求されます。この第2のタイプのビジネステキストは、今や雪崩のように成長しており、その中にその方法が形成され、才能が発見されます。しかし、このビジネススタイルはまったく使用されていないとは思わないでください。過去に例がありました。私たちは、少なくとも「モゼルプロムのようなどこを除いても」、「誰がどこで、私は貯蓄銀行に行くのか」といったような詩に彼の才能を浪費したことを後悔しなかったV.V. Mayakovskyを思い出すことができます。

書式の異なる程度

1つのことは明らかです: 文章の書式の度合いが高いほど、書籍や文章の回転とスタンプへの依存度が高いほど、文章の言語的手段の幅広い層が出現するだけでなく、特別に見つかった方法読者または視聴者は珍しく、彼の注意を引き付けて彼に影響を与える。公式のビジネススタイルだけがビジネススピーチの唯一のタイプではないという事実の最も顕著な例は広告です。

科学的ビジネススタイル

広告からの例は、彼らはその本来の目的にとどまります。しかし、これはビジネススピーチだけでなく、第二の部材は、文学、言語の本来の種のうちのスピーチの芸術に近いと歩いてきされている、 - と「言語広告ビジネスのスピーチ」 - あなたは「スタイルの人気の科学の科学とビジネススタイル」の完全なアナログを見ることができます。これらの関係の第1および第2のメンバーは、正反対である。したがって、ここに示されている第1および第2のタイプのビジネススピーチはまた異なる。生きた文学言語を形成するプロセス。再編は私たちの目の前で行われています。ビジネス的な会話スタイルが発展しています。それは自由の芸術的絵画言語の領域を示す、日常会話では、だけでなく、新聞やジャーナリズムで、あります。

公式ビジネススタイル

上記の例は、ビジネススタイルはかなり広い概念です。いろいろな文学的言語の強制的な言語的同質性から進めば、実際のビジネススピーチは公式のビジネスタイプだけであることを認識すべきである。公共生活の幅広い分野にビジネスコミュニケーションが含まれています。

ビジネススタイル

例: 産業と経済、行政と経済の分野、保健と貿易、内外の政策に焦点を当てています。それらに対応するテキストは、それらに共通の言語手段のコーパスによって結合され、その差異は本質的に秘密であり、主にこれらの領域に固有の現実、すなわち用語語彙および多数の字句スタンプに関連する。基本的には、公式ビジネススタイルのテキストは同じ原則に基づいています。使用法の例は、公式のドキュメンタリー、政策、指導、プログラム方法論、参考資料、情報、部門および他の同じ種類の出版物に記載されています。

公式ビジネススタイルのテキストの例

単調性と言語の最小化手段

ビジネススピーチでは、最小限の限界があります。結果として、言語の単調さが意味します。少数のビジネス紙のジャンルが多数存在しても、その変化につながるわけではありません。多くのジャンルは、個人的なコミュニケーションにおいて不快感を与える可能性のある口頭の指示を使用することにつながる指示的な方向で統一されていますが、ビジネステキストでは「禁止されています」、「禁止されています」、「禁止されています」、 "無気力を強化する)。

動詞の特徴と名目上のコントロール

専門性と分離の追求ビジネススピーチは、言葉の統制の法則の取り扱いを容易にします。使用のもとでは、テンプレートとして繰り返される一般的な動詞の制御に違反する構成が式になります。それほどではありませんが、これは名詞の管理にも影響します。文法的な文法から生まれたものであり、通常のビジネス会話でも正当化されているわけではないが、「使用の手引き」、「靴のケアのための手引き(No.10,13)」、「火曜日と木曜日の入場禁止(発表) (№2)」、「要約へのフィードバック」、「要約へのフィードバック」(基準はここでは低いと認識されている)、「テレグラムカテゴリ」は緊急「順番に(発表)」、「騒音レベルは60を超えてはならないデシベル "などがあります。 e撮影

指数の過大評価

ビジネススタイル

過大評価されたスピーチ指数が作成される主に以下の4つの方法で行われます。接尾辞「-k」と接尾辞なしの略語無制限の形成。用語として使用される完全名目文字の詳細な推薦、および様々な制作(行政、経済、商業、法律など)の用語。様々な種類の前置詞 - 事例構造。それは目的のために必要な述語を提供するためだけである(彼らは "空"または "半分空"の冗長文字のマーカーとみなすことができる)。名詞と意味の間のこの相関は科学的な発話においても観察されるが、ビジネスにおいてはさらに顕著であり、語彙の意味が失われて消滅する動詞に対して優位性と優位性の可能な最大限度に達する。メッセージの途中で必要な場合は、動詞の代わりに、「-ani」、「-enie」、「-ie」というフレーズに動詞名詞が表示されます。

人工動詞名詞および形容詞

ビジネスを飽和させる言葉の名詞言葉は、形式と言葉形成モデルの両方において、そして意味において、しばしば人工的である。そのような言葉やそのような意味は、現代のロシア文学の説明的な辞書にはない。形容詞も人工的である。例えば、タバコの碑文「上の要塞」。

コメント(0)
コメントを追加