建築におけるゴシック様式

教育:

建築におけるゴシック様式 現代フランスの北部と現代スイスとベルギーの領土で、XII世紀の初めに形を取るようになりました。そして少し後、ドイツで。

建築における最初のゴシック様式の構造パリの近くにあるSaint-Denisの修道院で教会とされています。スゲリアの大修道院のデザインに基づいて建てられた、アーチ型のアーチを持つ典型的なゴシック様式の建物です。ローマの要塞からは、大きな恵みによって区別されました。

一般的に、建築のゴシック様式は、ロマネスク様式の建築の優位性から引き継がれ、一般的な芸術のシステムと主なタイプの宗教的建物です。ゴシックの芸術では、大聖堂は特別な場所を取った。

このスタイルで建てられた大聖堂彫刻と絵画による建築のより高い合成。ロマネスクの大規模なラウンドアーチは尖った頂部、背が高く、狭いカラム及びタワー、アーチ型マルチカラーステンドグラス、刻まれた詳細(vimpergov、鼓膜、飾り迫縁)たっぷりの豊かな装飾が施さファサードとゴシックアーチの特性を変更しました。すべての要素は、垂直を強調するように設計されています。

建築におけるゴシック様式 ギリシャ語の "ready"の名前を得ました。古代では、ゴスは、北からローマ帝国の領土を侵略した野蛮人の部族と呼ばれていました。伝説によると、この用語はラファエロによって最初に使用されました。

ゴシック建築のシンボルは、ロマネスク様式の城と剣を取り替える大聖堂と十字架でした。 XII世紀のために。宗教の生活に大きな影響を与えることが特徴です。

ゴシック様式の教会は世代によって建てられました。ノートルダム大聖堂は2世紀以上に亘って建てられ、1211年から15世紀初頭のローマの大聖堂、ミラノからXIXへ建設されました。

ゴシック建築 寺院での天の調和を象徴することでした。したがって、石の粗さを克服することを可能にする設計が発明された。それは専門的な彫刻の助けを借りて "レース"に変身しました。

芸術的な秘密は、ゴシック様式のビジュアルデザインは現実と一致しませんでした。巨大な重いアーチは曇り空のように見え、伝統的な割合を巧みに変えてガイドされるのを防ぎ、設計ロジックを理解し、実際のスケールを実現する。ゴシック様式の大聖堂では、フィートの下からは土壌が流れ、人間自身は空の無限の無限に上がると思われます。

建築のゴシック様式はゲームを愛する光。このスタイルのポイントは、精神的な知恵と悟りを象徴する絶え間なく流れる神の光の効果を作り出すことです。ステンドグラスの窓はこの目的に役立ちます。

主に開発されたゴシック様式都市。アーキテクチャの主な色は黄色、青色、赤色です。建物と構造物の線はランセット文字を取得し、アーチはアークを横切って形成されます。建物は基本的に矩形に建てられ、柱に通じる尖ったアーチが数多くあります。

必要な内部の詳細はサポート付きの忠実な金庫、複雑な葉の装飾品。建物の構造は、フレーム石サポートのオープンワーク、窓が上に伸び、構造の骨格がアンダーラインになっていることが特徴です。デザインの不可欠な部分は、マルチカラーガラスからのステンドグラスの窓です。時には円形の装飾窓があります。ドアはアーチ状のリブ付きアーチで装飾されています。

ゴシック様式の建物のタイプは、素晴らしい、石の壁の光景に見え、光と風通しのように見える。この明るさ、風合い、不合理さ、そして神秘的なビジョンは、ゴシック様式のあらゆる構造の必須の特性です。

ゴシック様式は、初期ゴシック、開花(ハイゴシック)、ゴシック後期という3つの歴史的段階を経て開発されました。

XVI世紀の初めに、文化におけるルネッサンスの伝統の出現に関連して、建築におけるゴシック様式がその位置を失い始めました。

コメント(0)
コメントを追加
建築におけるポストモダニズム:例3
建築におけるポストモダニズム:例3
建築におけるポストモダニズム:例3
アート&エンターテインメント
建築における対称性
建築における対称性
建築における対称性
アート&エンターテインメント
疑似ロシアスタイル、その特長と開発機能
疑似ロシアスタイル、その特長と開発機能
疑似ロシアスタイル、その特長と開発機能
アート&エンターテインメント
ロマンチックなスタイル
ロマンチックなスタイル
ロマンチックなスタイル
アート&エンターテインメント
モダンな建築 - スタイルの完成
モダンな建築 - スタイルの完成
モダンな建築 - スタイルの完成
アート&エンターテインメント