ポルトガルの世界地図

旅行中

どこの誠実な無知ポルトガルは世界地図上で、中等教育からかなり離れている人だけが自慢することができます。文明世界全体では、この国は古くから確かな評価を得ています。ポルトガルは、多くの国や世界中の観光客にとって世界で最も有名な観光スポットの一つです。

世界地図上のポルトガルはどこですか?

歴史から

ポルトガルがあるイベリア半島は、ヨーロッパ大陸の極端な西端に位置しています。しかし、その周辺の立場にもかかわらず、何世紀もの間、ヨーロッパの政治的、宗教的、文化的な生活の中心に常にありました。今日のポルトガルの姿を決めるのは、これらの歴史的状況です。世界地図上では、この国は多くのスペースを占めていません。しかし、その視覚的表現とその歴史的、文化的遺産の量の両方においてユニークです。この小さな国はすべての人間文明の発展に大きな影響を与えることができました。クリストファー・コロンブスのカラベルがここから大西洋に向かったという事実で十分です。そして、今日、ポルトガルが世界地図のどこにあるのかについての明確な考えがなくても、アフリカと南米の多くの人々は依然としてポルトガル語を話します。

 世界地図上のポルトガル

ポルトガルを訪問するいくつかの理由

自然は寛大にこの小さな国に大西洋の海岸。ポルトガルがある場所(世界地図上では、それを見つけるのはそれほど困難ではなく、主要なランドマークを知っている)、夏には暑い暑さや寒い冬の冬にはありません。これは、大西洋の北部の気候の特徴であり、主に暖かい海流によって決定されます。このような状況から、ヨーロッパ大陸全体の海岸休暇地域として、地元の海岸を発展させることができました。過去数十年にわたり、かなりのリソースが改善に投資されており、今日ではこの分野で最も高い国際基準を満たしています。ポルトガルでは最高レベルのビーチ休暇に加えて、豊富な文化遺産や歴史的遺産を探索する機会を提供しています。国の特色は、ここのすべてが非常にコンパクトであるということです。浜辺の休暇から離れずに、美術館や建築物のモニュメントを知ることができます。国はその歴史的遺産を最大限に配慮し、すべての建築的、歴史的名所を慎重に復元し、観光客の注目を集めています。海岸のいくつかの小さな町は非常に表現力があり、中世以来あまり変わっていません。ポルトガルが世界地図のどこにいるのかを観光客に覚えさせる。いくつかここに繰り返し戻ってくる。

 ポルトガルはどこですか?

夏休みの記憶で

とりわけ、ポルトガルは自宅にいるポートワインのような全世界でこのような人気のある飲み物。そのまさにその名の通り、同国で2番目に大きな都市です。それは、ポルトガルから最も人気のあるお土産ですヴィンテージポートワインのボトルです。

コメント(0)
コメントを追加