飛行機の手荷物。アエロフロートは他を支配していますか?

旅行中

多くの乗客のために飛行機で飛行している1つのポイントから別のポイントにすばやく移動し、可能な限り時間を節約する能力。ほとんどの観光客にとって、これは標準となっており、頻繁に出張に行く人、日常の必需品となっています。それはあなたが任意の距離を移動することができるように過ごした時間が最小限の飛行機です。さらに、飛行は最も安全な旅行方法と考えられています。多くの人が空爆で死ぬよりも道路で死んでいるため、統計はこの疑いを持っていません。

航空機は特殊な輸送手段です。それはすべての乗客が尊重しなければならない独自のルールを持っています。すべての航空会社の便の効率と安全性はこれに依存します。

機内持ち込み手荷物

基本的な交通ルール

しかし、各航空会社のルールは異なります荷物の梱包、荷物の梱包に関連する基本的な要件があります。飛行機の手荷物の最大許容サイズが記載されている特別規則もあります。アエロフロートや他の航空会社では、乗客は同じ質問をしばしば思い付きます。すべての情報は、航空会社の担当者から入手できます。

間違いなく、最も人気のある航空会社の1つロシアではアエロフロートです。持ち込み手荷物は特定の要件を満たさなければなりません。同時に、ビジネスクラスで飛行する乗客には特典があります。サロンに持ち込むことのできるバッグの最大サイズと重量は、エコノミークラスの乗客よりも大きいです。

アエロフロートの持ち込み手荷物

限られた理由は何か飛行機に手荷物はありますか?アエロフロートや他の航空会社では、予期せぬ状況や違法行為を防ぐため、入国管理の厳格な規制があります。

セキュリティ対策 - 存在の主な理由手荷物が落ちる制限。飛行機(特にアエロフロート)では、乗客は1つの荷物しか収容できません。この場合、バッグの総サイズは特定の指標を超えてはいけません。この基準はすべての航空会社に導入されました。航空機内の手荷物の全体的な寸法は115cmを超えないようにしてください。

飛行機の手荷物の寸法

しかし、いくつかのこともあります「飛行機に持ち運べる荷物」という概念が含まれています。アエロフロートでは、手荷物1個を除いた乗客が、サトウキビ、ハンドバッグ、書類用のフォルダ、花束、傘、アウターウェア、カメラ、ラップトップ、子供用アクセサリーなどのアイテムをサロンに持ち込むことができるルールがあります免税店からの食品、携帯電話、ショッピングバッグなどが含まれます。

旅行を計画して物を集めるとき特定の禁止事項を考慮する必要があります。例えば、飛行機に手荷物を入れることができないもの。アエロフロートは、他の航空会社と同様に、液体とエマルジョンの輸送を制限する規則を持っています。最大泡径は100 mlを超えてはならない。また、ライターをはじめ、シャープでピアスな物、武器など、乗客の安全を脅かす可能性のある薬液やガスボンベを機内に持ち込むことは禁じられています。

コメント(0)
コメントを追加