ビジネスコミュニケーション

自己完結

ビジネスコミュニケーションは公式のビジネススタイルで、口頭と書面に分かれています。手紙には、ビジネスレター、履歴書、申請書、契約書が含まれています。口頭タイプに関連するビジネスコミュニケーションの一般的な形態は、商談、会議、会議、会議、交渉、およびその他のビジネスミーティングに分かれています。ビジネススタイルにおける情報の妨げられない迅速な普及から、市場関係は直接的に依存する。現在、プレゼンテーション、記者会見、円卓会議、株主総会、展示会、新商品展示会、ブリーフィングが広く行われています。

しかし、口頭でのビジネスコミュニケーションの主要な形態対話です。その主な形は会話です。同時に、ビジネス会話はビジネスコミュニケーションの最も一般的な形態のままです。このタイプの会話の過程では、雇用問題、オフィスやアパートの修理、取引の実施、簡単な協力などを考慮することができます。

対話の主なルールは、パートナーに情報を正確に伝達することです。基本的に、受け取った情報の誤解では、話し手自身が責任を負うことになります。

ビジネスコミュニケーションは、インタビュー、演説、アドバイス、コメントといった伝統的なジャンルによって特徴づけられます。

ビジネスコミュニケーションの具体的なジャンルには、ディスカッション、議論、議論、議論と議論が含まれます。これらのコンセプトは、会議、会議、会議の構造要素です。

ビジネスコミュニケーションは最新のものでなければなりませんコミュニケーションの要件。これは、まず、フレーズやスピーチの構築の簡単さと簡潔さです。第二に、口語の語彙の使用。第三に、スピーチは論理的に編成されるべきであり、議論の中でその順序を辿る必要がある。

ビジネスコミュニケーションで十分ですパートナーの目標を達成するための効果的なツール。交渉の間、彼らは文章、フレーズ、および簡単なフレーズの文体的構成を使用する。

また、必要な結果を得るためには、次のような精神技術を使用することができます:

- 架空の対話(パートナーが誤解を招くような対話を構築する)。

- 感情的な感嘆符(交渉の主題への関心の高まり)。

- 質問の回答コース(例はパートナーの注意を支持する修辞的な質問です)。

- 婉曲表現(婉曲な言葉のより「柔らかい」類似物、交渉の間に慈悲深い雰囲気を支え、否定的な感情の現れを減らすことができる)。

音声通信におけるビジネスコミュニケーションは、そのようなルールを遵守することが必要であるという利点を達成するために、パートナーの必要な反応に向けられるべきである。

- 各パートナーは、ビジネスマンの個人的な資質(自信、知識、能力、客観的に情報を評価する能力)を持っていなければなりません。

- 関連性(質問と回答との関連性と意味の対応関係)を観察する。

- ビジネススピーチ言語の標準化が存在するべきである(アイデアを明確に表現する短いフレーズ)。

ビジネス交渉パートナーの間にもスピーチの正確性を監視する必要があります。ストレスや発音に間違いを感じないでください。私たちの演説では、しばしば目に見えるほど "入り込む"言葉 - 寄生虫に従うことも必要です。そして、時々、そういう言葉を取り除くことは非常に困難です。「そうだ」、「話す」、「これが一番です」

上記を要約すると、これらの特定のビジネス通信ルールの遵守により、パートナーはビジネスマンの基準を満たすことができます。

コメント(0)
コメントを追加