州の価格規制

法律

州が価格に介入できるか?市場経済における政策?この質問に対する答えは肯定的ですが、いくつかの重要な点を明確にする価値はあります。価格の国家規制は、必要な場合にのみ確保されるべきである。他の分野では、自由に機能する市場メカニズムが最適となるだろう。この記事では、価格設定における州の介入の目的と仕組みについて説明します。

ご存じのように、市場経済は発展していませんそれは自発的にそう思われる。場合によっては、主なタスクにさらに効果的に対処するために調整されます。したがって、我々は国家規制の目的を列挙する:

  • 経済の一部の地域で発生する自然独占。このような場合、自由競争は効果がなく、時には完全に不可能です。競争相手が価格を引き上げないようにするために、商品やサービスのコストは州レベルに設定されています。したがって、インフレが減少し、安定した経済成長のために最適な条件が開発される。自然独占の分野は連邦法に定められていることは注目に値する。
  • 社会的緊張を緩和するためには政府の価格規制が必要である。
  • このような措置は、国際市場における国家競争力の強化に役立つ。
  • さまざまなアップグレードの刺激があります。
  • 主な目的は、経済構造の中で社会構造を安定させ、国の発展を最適化することです。

州の価格規制は通常郵便、「消費財」、電報、通関政策、鉄道サービス、課税、薬などの分野に適用されます。融資や補助金などの分野は間接的に影響を受ける。

経済を規制するさまざまな仕組みがあります。主なものをリストアップしようとしましょう:

  • 特別な器官による観察。目標は、年金と賃金の名目上の成長指数を決定するために消費者バスケットの価値を高めることである。
  • 間接的な影響。例えば、税関の規制が廃止されたり課税されたりすると、課税の変更が行われます。
  • プロセスへの介入。州は生産コストの増加を制裁する。この措置には必然的に価格が上昇する。
  • 地域におけるサービスや商品のコストへの影響自然独占。同様に、州は、それが主要な買い手である地域における価格を設定する。例えば、この建設、軍隊のための製品、武器;
  • 直接的な影響。 特に、これらは政府の補助金であり、これは生産コストを大幅に削減する。その結果、価格の上昇は減速するか停止する。さらに、間接税の対象となる「可消耗品」の価値に直接影響を及ぼす政府の方針があります。
  • 対外貿易価格への影響。これは、税金の払い戻し、特別融資や補助金の提供によって行われます。
  • 国有セクターで製造された製品の優先優遇価格。たとえば、エネルギー、郵便、電信、鉄道の関税です。
  • 政府の価格規制は生産コストの上昇を制限する形で現れます。このような仕組みは極端な場合、例えば社会の緊張を悪化させるような場合にのみ使用される。
  • 国際的な価格規制の移転器官。例えば、欧州共同体における農産物価格の固定化である鉄鋼石炭連合(European Union of Steel and Coal)による鉄金属の価値の確立。
</ p>
コメント(0)
コメントを追加