サービスと販売の分野における三者協定

法律

商業活動の実践ではまれではないサービスが1人(会社)によって提供または提供され、別のサービスを受け取り、そのサービスを受ける人が3番目のサービスである状況。この場合、三者協定が最良の解決策になるでしょう。

三者協定
協力団体、機関における国際関係では、国等の契約は一般的に受け入れられ、契約の一般的な形態。

どのような状況で三者契約?良い例は自発的な保険です。この場合、個人または法人が保険契約者の役割を果たします。それは(または他の人、例えば子供または子会社)は保険に加入でき、第三者は保険会社です。同様に、三者間保証契約の形式が用いられる。例えば、ある金額の商品を購入するには、買い手は支払い保証を提供しなければならず、客観的な理由から彼はそれらを与えることはできません。この場合、購入者、売り手、保証人の間で、責任の額、有効期間、保証の額、要件を満たすための条件が規定された3者協定が締結されます。

三者供給契約

貿易実務では、しばしばアプリケーションを見つける類似の購入契約。これは不動産の取得、対象がある人から別の人を取得し、第三者が支払いを行う場合に適用されることがあります。サプライチェーンでは、購入者、サプライヤ、レシピエントの関係が透明になるため、3者供給契約は非常に便利です。商品がどのような条件でどのような条件で受け取られ、誰がそれをどのような形で、どのような形で支払うかを明確に示します。輸出者、輸入者、最終受領者の間で、この形式の契約の下ですべての詳細(紛争が解決される管轄権)を考慮することが特に重要です。トレーディング活動において有用なその他の書類は、保証、リース、貸付の契約であってもよい。

サービスの分野では、いわゆる三者契約。この場合は、サービス(例えば、建設、設置工事、ネットワーク接続、Web開発、設計サービス)は、別の一人であり、支払いは、第三者(スポンサー、投資家)がかかります。

三者契約
ほとんどの場合、そのような形式の契約は当事者の1人が非営利団体または慈善団体である場合。当事者の一方が仲介役として機能したの商業関係の様々な、製品のプロモーションやビジネス関係の確立のサービスと見なすことができます。仲介に彼らのコミッションを得るために保証し、当事者はそれが三者協定を締結する必要がその権限を超えていないことを確信しています。文書は、仲介業者、供給者、最終消費者の権利と義務を必ず指定しなければならない。実際には、多くの場合、仲介者は仕事のその部分を満たしているが、当事者のいずれかが彼のサービスのために支払うことを望んでいない状況があります。これを避けるためには、この合意の下で「メディエータサービスのパフォーマンス」と正確にみなされるものを明確に述べることも必要です。場合によっては、そのような契約は取引相手の会合の組織と見なすことができますが、他のケースでは、売り手の口座に資金を移した後にのみ、仲介者は報酬を受け取ることができます。

コメント(0)
コメントを追加