状態構造とその形式

法律

これまたはそのことの主な特徴の1つその国は領土国家システムとみなされている。それは、国家の領土分割だけでなく、それぞれの別々の単位における権力の分配と、互いの相互作用の性質を特徴づける。

状態構造は複雑でシンプルです。最初のものは連合と連合を含みますが、単一または単一の状態は単純であると考えられます。そのような国には別個の団体が含まれておらず、当局は特定の行政センターに分かれています。それはいくつかの特有の特性を有する:

  • 法律の1つの制度。
  • 立法、司法、行政の存在を前提とした統一当局。 1つの治験機関が、この分野における同様の組織の基本機能の実績を管理します。
  • 財務要素について話すと、国家制度は一つの国内通貨の存在を前提としている。商品やサービスのすべての市場で価格を表示し、アカウントは維持されます。他のすべての通貨は、特定の州の領土内で自由にしか運営されないため、国民のために交換することができます。
  • 税金と統一税法の一般的な基盤。

さらに、中央当局や他の行政センターの影響を見ることができます。この地域では、種に分かれています:

  1. 混合。
  2. 分散型。
  3. 集中化。

分散された単一状態この装置は、権力のシェアを持ち、個々の領土単位の人口によって選出された地方自治体の存在によって特徴づけられる。したがって、中央集権化は現場で独立した当局を提供するものではなく、公式に単一の統治団体によって任命された役人がいる。

ロシア連邦の国家構造の形式は、地域、地方、地区、都市の形態の別個の事業体をその構成に含む連合を代表している。このような地域に関連して、最高権威行政が存在する2階層の権力制度が導入され、連合の主体はそれぞれの立法、司法、行政権を組織する。この場合、独立した事業体は独立して憲法規範を草案する権利がある。同様に、予算制度が形成されます:共和国の目的地の収入が蓄積され、連邦の主題の予算は独自に収入源を見つけ、支出部分を独自に計画します。

ソ連治世時代にも被験者が自由に連合を離れることを可能にする法律。しかし、実際には、この権利は実現されていませんでした。それが今、憲法上、この可能性が提供されていない理由です。このように、絶対的な主権の対象と連合から脱退する権利を取得していない持っていません。

このような状態システムは、連合は、いくつかの国の共通の同盟または合意である。この形式の特徴は、各入国国の主権です。彼らは、経済、政治、または軍事的支援の分野において最も重要な戦略的任務を達成するために結束する。国間の関係は、単一の条約またはマニフェストによって固定される。あなたは連合を一方的に離れることができます。さらに、そのような団体は、原則として、単一の立法基盤を構成するものではなく、共通の通貨単位、税関や税務サービスなどを導入していない。活動の調整は、連合の参加国のすべての国の代表者を含む単一の管理機関を通じて行われます。

コメント(0)
コメントを追加