不動産取引の制限期間。ロシア連邦の民法

法律

おそらく私たちの住宅問題ごとに最も関連性の高いものです。不動産取引を行う場合、真実の買い手は詐欺師の詐欺のために転落し、その財産を他の人に割り当てることができます。法律では、「不動産との取引の制限期間」という概念があります。それは何であり、どのようにしてトランザクションにチャレンジすることができますか?

用語の意味

ロシア連邦の民法には、この用語の定義(記事181、195-205)。この概念の下で、不動産取引の終了後に経過した期間を理解する。この期間中、取引に挑戦することができ、その結果は裁判所でのみ無効になります。この期間の必要性は、所有者の権利を守ることです。

実際には、この用語はかなり一般的です。弁護士は、不動産の売買、配偶者の離婚後の財産の分割、寄付の契約に関する法的紛争において使用されます。間違いの販売や販売のための書類を作成するときによく使用されます。いくつかは簡単に修復できますが、他のものは試用が必要な場合があります。制限期間が終了すると、取引当事者は裁判所で請求を提出することができなくなります。

不動産取引に関する制定法

彼はどういう意味ですか?

この期間は、取引の当事者は違法行為者に対して訴訟を起こした。ロシア連邦の民法は、これらの法的規制関係を規定しています。この期間の変更は不可能です。与えられた期間の2つの種類は、法律によって一般的かつ特別に定められています。一般的には、売買契約に基づく裁判紛争において適用され、その期間は3年間である。特別は3年間に限定されません。承認後に発生した問題を無効とする場合は、不動産取引の特別な期間が必要です。

法律による特別期間の期間は、次のとおりです。

  • 3ヶ月(一次購入の権利が侵害されている場合)。
  • 半年(クレームがノートメーカによって提出された場合)。
  • 年(クレームが貨物に関連している場合)。
  • 2年(実施された貧しい仕事に関連する請求がある場合)。
  • 5年間(バイヤーが建設会社の重大な欠点を特定した場合)。

ロシア連邦民法

それはいつから効力を発しますか?

制限の期間は影響を与えませんその取引の当事者の一人のイニシアチブ。ロシアの法律によれば、この期間は契約の当事者の1人が損害を引き起こす違反を知った直後から始まります。しかし、すべての人が経験不足のために違反を知り、推測することはできません。これに基づき、不動産取引に関する法令は、犯罪事実が発見され、契約当事者にその旨が通知された後に開始されます。

この期間中中断することは可能ですか?ロシアの法律では、これは状況で行うことができると述べている:

  • 緊急事態が発生しました(ケースバイケースで決定)。
  • 取引の当事者は軍隊に勤めます。
  • これらの法的関係を規制する立法行為の中止。

制限期間は、いずれかの当事者が訴訟を提起したとき、または他方が犯した犯罪の事実を認めたときに中断され、更新されることがあります。

法令の有効期限が切れた

無効な取引

紛争の多い取引は不動産取引と呼ばれ、合法性と妥当性は裁判所によって認められます。この法律は、競争の激しい取引の以下の特徴を定義しています。

  • 契約の締結は、欺瞞、暴力、生命と健康への脅威、または当事者の意図的な共謀の条件の下で発生した。
  • この取引は、いずれかの当事者が不利な条件で合併した困難な状況下で行われた。
  • 契約は妄想の影響を受けて締結された(この事実の存在は裁判所で証明されている)。
  • 契約の当事者の1人が、保護者または法定代理人の同意なしに法的に不可能な、または未成年者の場合。
  • 取引が配偶者の同意を得ていない場合。

このような状況で裁判所が委託財産の取引が無効である場合、被告は受け取った財産を原告に返還する義務があります。被告の収入は、州の財産になる競争的取引の場合の制限期間は1年であるが、裁判所によって延長される場合がある。

不動産紛争

偽の取引

偽の取引は行動と呼ばれます当事者の1つをカバーすることを約束した。そのような行為はあらゆる状況下では無効です。例えば、個人が企業または企業との不動産売買契約を締結し、交換取引として実行される場合。

虚偽の取引

想像上の取引とは、特定の個人を欺くために、本当の意図。多くの場合、これらの詐欺行為は、税務検査官から不動産を隠すために行われます。例えば、当事者は不動産の売却を扱うが、事実上、義務および法的結果は生じず、変化しない。

不動産訴訟

空売り取引

不動産訴訟は、最も困難なことです。特に、取引の無効または無効を認識することになります。民法第168条-172条には、取引の無効を認めるための条件が記載されています。

  • 現行の法律を遵守しない業務。
  • 法的枠組みと道徳に反する行為。
  • 想像上の取引または偽りの取引。
  • 無能な市民と未成年者が取った行動。

不動産取引保護者、両親、養育不能者または老後の養子縁組の両親が後者の恩恵を受ける目的で犯した場合、彼らは裁判所によって合法的であると認められます。ボトム・トランザクションは、無効であり、裁判所の決定なしに認められることは注目に値する。利害関係者は、取引の法的影響を排除するために裁判所に申請することができます。

不動産制限期間の分割

プロパティセクション:制限期間

ロシア連邦の家族法第38条には、婚姻の財産の分割に関連する事項に関する制限の法令は、一般的な場合のように3年であること。しかし、この記事では、この時点をどの時点でカウントするかを指定していません。

民法第200条の第9章不動産取引の当事者の1人が権利侵害について学んだ後、制限期間がカウントされることが示されています。したがって、財産分裂に関する紛争が発生した場合、元配偶者の1人は、必要に応じて離婚して数年後に裁判所に訴訟を起こす可能性があります。

不動産取引に関する制限条項:寄付

贈り物の行為も認められます。裁判所では無効です。制限期間は3年ですが、契約が締結された瞬間からカウントされます。第三者から訴訟が提起された場合、その期間は贈り物について学んだ瞬間からカウントされます。民事法第181条によれば、この期間は10年を超えてはならない。請求者が証拠を提供する場合、ギフトは無効になります。贈与は元々の形で返される必要があります。そうでなければ、被告はその全額を払います。

不動産取引に関する制定法

レガシー

裁判所の慣行において、しばしば紛争が起こる。継承に関連する不動産。そのような状況における制限の法定は法的に固定されていないため、裁判所への申請は数年以内に提出することができます。これは相続人が実際に財産を所有している状況に適用されますが、所有権はありません。意思が争われると、遺産の分割に関連する紛争では、196年の民法の条項に基づいて、請求の可能性のある3年間の期間が定められます。

不動産との取引を行うとき多くの場合、契約当事者間で意見の不一致があります。不動産取引の制限期間は、真実の参加者の権利を保証することです。一般に、この期間の期間は3年です。取引は重要ではないか、競合する可能性があります。クレームを作成する際には注意が必要です。

コメント(0)
コメントを追加