規範文書としての記録保持マニュアル

法律

どのような組織では、決定し、登録や文書の作成(だけでなく、それらの作業)の手順を確立するために、公式の法的行為は、事務上の命令です。

事務の指導
それはあらゆる企業で利用できるはずですが、すべての企業と機関で必ず国の規制及び手続書類に基づき、事務上の命令を開発しました。しかし、同時に、それは特定の事務組織は、組成物およびポスト文書、サービスの構造、アーカイブの存在と、すべてのオフィス業務の電子化の程度の個々の特性を反映すべきです。このことから、事務上の命令は、特定の組織が常に元で、そのアカウントに与えられた構造に固有のもので、文書の構成と処理のすべてのニュアンスと特殊性を取ることになります。
地裁における事務命令

この規範文書を作成する際あなたの会社のために、あなたはすべてのための義務、それは強調してから取るように、とだけあなたの組織のために処方すべき項目を追加するために、文書の記録管理の従来のタイプを使用することができます。

原則として、事務に関する指示一般的な規定、さまざまなテーマのセクション、およびさまざまな種類のアプリケーションが含まれます。一般的な規定は、命令の範囲、規制の枠組み、およびその不履行に対する責任を明記する。テーマセクションには、ドキュメントの種類と、登録、照会、複製、認証、および保管の順序に関する情報が含まれています。企業の詳細に応じて、このセクションは大幅に拡大することができます。変化する労働条件と新しい技術の導入によって、主題のセクションを変更し補完することができます。マニュアルの附属書には、フォームのサンプル、シールとスタンプの印影、ドキュメントフローダイアグラム、サンプルフォームなどの参考資料が含まれています。

事務用の一時的な指示

指示が磨耗することがある一時的な性質(地方裁判所または軍隊における記録保管に関する指示)。事務処理に関する一時的な指示は、例えば、恒久所のコミッショニングの前に、一定期間承認されます。これは個別に決定されます!

についてのよく書かれた指示事務処理は、文書を処理する全プロセスとすべての技術的操作の論理的順序を反映しています。それは、オフィスサービスだけでなく、行政装置全体の活動を規制する。命令は承認され、組織長の命令によってのみ効力を発揮し、その後、企業のすべての文書が作成され、実行される基準となる規範的な行為として機能します。

事務の正しい記述が重要です組織の適切な仕事の条件。 (あなたが入ってくるドキュメントや注文を受けるとすぐに)アーティストが順番に新しい従業員を知らせると、空白のルールを満たし、時間とエラーなしで報告書を提出し、有能かつタイムリーに割り当てられたタスクを実行し、すぐに作業を開始するために、すべての文書を埋めるために質的にサービスオフィスに必要とされています。ヘッド自体は、受注やドキュメントを行う緊急性を優先順位付けした場合、作業はこれに基づいて行きました。日付が到着すると、他の例では、文書のかなりの数の入力に従って処理されます。

コメント(0)
コメントを追加