ロシア連邦における税金の種類:起業家が知るべきこと

法律

そのようにして、通常の機能経済主体と個人の控除なしには不可能である。このような経済政策は、金融や予算球のために重要である相対的安定性を、確実にするため、ロシアの税の種類が存在するかを知る必要があり、それらがどのように支払われなければなりません。

ロシア連邦における税の種類

一般的な税金について

人口からの税金の徴収は、状態から始まります。無条件無償によって特徴付けられる強制支払いは、国の運営管理を効果的に実施するのに役立つ。

この点で、ロシア連邦の税法は詳細を規定し、これらの支払いを構成し、特定の当局が発生すべきであることを規定している。

言うまでもなく、この定義によって税金が商品に常に表示されるわけではないため、この現象の主な特徴に注意を払う必要があります。

  1. 厳格な規制とは、強制的な手数料が税法に規定されており、その税率が決定されることを意味します。
  2. 周期性 - ロシア連邦のすべての種類の税金は一回限りではなく、一定の賃金体系のために定期的に支払われます。
  3. 目的 - すべての義務的手数料は、予算を形成することを目的としていますが、法律では詳細に規制されています。

これらの兆候は、税として理解できるものと、彼らの装いの下で請求される公務員に要求される請求がどのように合法であるかという考えを示しています。

ロシア連邦における税金の数

現象の構造

ロシア連邦における正確な税額は、可能です。この条項は、国の特別な配置のために、財政と予算計画の特別なシステムがあるという事実のために、不法と呼ばれることはありません。

したがって、ロシア連邦における税金の種類は、連邦、地方、地域の3つの主要カテゴリに分類されます。

連邦政府は単一の行動と全国の料金。どの税金がそれに起因するのでしょうか?たとえば、24%の率を持つ利益、または活動の種類に応じた割合のVATは0%、10%または18%になります。これには、消費税、個人または個人に割り当てられた所得税、単一の社会税、鉱物抽出税、水道税、州の義務、環境資源の使用料が含まれます。したがって、これらの9種のみが連邦予算に計上される。

ロシア連邦の税法

地方税は、3つの主なタイプによって表されます。

  • 輸送;
  • ギャンブル事業について
  • 企業の財産に。

彼らは森林税と手数料に分類することができます水の使用のために。リストは、連邦法によって許可されている種によって異なります。彼らは、連合の主題の予算に賛成している。

ローカルは通常、広告、道路収集、利用可能な住宅の維持。それらの完全なリストは、行政のニーズに応じて異なりますが、連邦および地方レベルで承認されています。

ロシア連邦における税金の種類は多様であり、特定の活動の実施における起業家は、彼の会社とその活動に特異的に適用されます充電を正確に定義し、すべての3つのレベルを考慮する必要があります。

コメント(0)
コメントを追加