週末の仕事は賃金の引き上げにつながりますか?

法律

法律と現実は私たちの国では2つの異なるものです。それにもかかわらず、社会と国家の発展は、市民が自分の権利とそれらを保護する能力を知ることを必要とする。

週末の仕事
憲法と労働法によれば、働くすべての人雇用の場合は、毎週の休み日を取る権利があります。勤務時間に応じて1日か2日かかります(5日か6日)。ロシア連邦労働基準は、労働基準日を6日間とし、日曜日に休暇を取った。週に5つの就業日がある場合、週末は連続して行かなければなりません。週末の仕事は例外的な出来事とみなされます。しかし、これは、地下鉄、住宅、公共サービス、または医師の従業員が日曜日に行かないことを意味するものではありません。生産プロセスを停止することが不可能な場合、休暇は従業員に提供されますが、特別なスケジュールで提供されます。同時に、週末のスケジューリングの条件は集団労働契約で定められており、彼自身が労働組合委員会と合意しています。

週末の仕事
仕事が崩れる状況がある週末のために。今週の2日間ではなく、1週間しか休まなかった場合、従業員はどのような権利を持っていますか?まず第一に、そのような従業員は一日休みを与えられ、古いものの代わりに一週間の別の日に休みます。この場合、従業員は2日間休暇を取るという主要ルールが適用されます。休暇が与えられなかった場合、週末の仕事の支払いは2倍になります。例えば、5月9日や3月8日など、祝日に魅力を感じた場合は、同じルールが適用されます。

特別なスケジュールで仕事の状況を分析します。 この場合、週末の作業も可能で、補償が必要です。休日の変更スケジュールは、従業員が休息し、自分の問題を解決するために従事している事前規定日を提供します。したがって、彼を仕事に引き付けることは個人的な計画に違反し、したがって金銭的な補償が必要です。

従業員が賃金を受け取らない場合同一のルールが適用されます。週末の仕事はもっと支払うべきです。たとえば、平日の収集された1つのウィンドウには400ルーブルの費用がかかります。その後、この同じ休日は800ルーブルの額で支払われます。法律では、週末と休暇の最低支払い額のみが定められており、これは団体協約によって調整することができます。

週末の仕事のための支払い
法律により週末の仕事が行われた場合、休暇の提供は、より多くの利益をもたらし、追加費用を必要としないため、ほとんどの場合、雇用者はこの計算方法を使用します。時間外労働もまた増加したレートで支払われることに留意すべきである。

法律で定められている上記の権利は、必ずしも実際には実装されていません。これは原因の組み合わせによるものです。まず、従業員は法律を知らない。第二に、彼らの仕事を失うことを恐れて、彼らは追加の支払いの問題を提起しません。雇用主は労働法の規範に違反し、彼らの完全な刑事責任を感じる。

私たちは労働法は労働契約のすべての参加者の利益を保護するように設計されていることを覚えてみましょう。自分たちの権利を知ること、賃金労働者が安全に、事前にそれらを請求することができます。

コメント(0)
コメントを追加