ロシアの憲法

法律

ロシアの憲法は認められている3つの側面:科学、法学、学問分野として検討する。科学として、彼らは行動関係と制度に関連して生じる憲法上の規範を研究している。法律の一環として、憲法上の規範の助けを借りて、社会における関係を規制しています。それはまた、科学に基づいた規律としても機能します。

件名と方法

ロシアの憲法が最も規制している社会生活のあらゆる分野での重要な関係:経済学、政治、社会的、精神的な球。しかし、規範は基本原則、基本的権利、義務、自由のみを確立する。この法源 - 憲法、ロシア連邦の憲法基盤を祀る - 国家機構、国家権力の組織、国家と国民の関係。

許可、権利の確立、禁止、責任、職務の譲渡などの方法が使用される。

憲法規範の特徴

  • 最も重要な関係のみを規制する。
  • 唯一の源泉は憲法です。
  • すべての立法行為はそれらに従わなければならない。

憲法 - 法的関係:主語、目的および内容

被験者は帰属することができる。

  • ロシア;
  • その人々;
  • 国家権力団体。
  • 公的協会;
  • 法人などが含まれます。

オブジェクト - 憲法に規定された関係。

法的関係の内容は、憲法上の規範の運用に関連して生じる権利と義務である。

ロシアの憲法は主なものです法的規範、社会全体の団結の必要性に関連して発生する関係の調整、ロシア連邦の憲法基盤、連邦組織、国民の地位、国家組織の整備などの既存の支店。

憲法上の規範

規制は、国の憲法に固執され、最高の陪審と直接行動を持っています。ロシア連邦(コード、法律、令など)の立法行為は、それらに矛盾してはならない。

憲法上の権利と自由

憲法では、47条からなる第2章がそれらに捧げられている。それらはすべてグループに分けられます:

  • 政治的;
  • 個人的な;
  • 経済的;
  • 文化的;
  • 社会的。

政治的権利には、選挙権、選挙権、デモや集会の権利、国レベルでの事務管理に参加する権利などが含まれます。

個人的 - 人生の権利、個人の完全性と自由、司法の保護、言論の自由、思考と良心、私的生活の不可侵性。

社会的、経済的、文化的 - 私的財産権、仕事、休息、創造性の自由、教育、起業家の自由など。

憲法は関係なく、性別、人種、宗教や信仰などの市民の平等な権利を保証します

生態学的グループも形成され始める。

ロシア連邦の市民には、一連の権利があります。 普遍的に認められたものに関連し、国際的な手段に祀られている。この州の市民だけに固有のものです。市民の権利は、立法の内容と意味、執行機関と立法当局の活動を決定する。

個人の権利は法的根拠となりますほとんどの部分は制限の対象ではありません。彼らは他の人に違反してはならない。この場合、法律は責任を負う。

ロシアの憲法が主要な支店であり、憲法の規範の助けを借りて、国家の構造と国家組織が規制され、国家と個人の間の関係を確立し、他の法律の枝にも共通して規定されている。

コメント(0)
コメントを追加