商品販売のための代理店契約:サンプルと充填ルール

法律

商品、サンプルの販売代理店契約この記事には、報酬に関する適切な措置を当事者が行う義務が示されています。そのような合意の法的特徴は確立されている。民法52条。エージェントは、代理人(代理人)を犠牲にして代理人に代わって、または第二の参加者を代理して代理行為することができます。物品の販売の代理店契約について詳細に検討してみましょう。同意書のサンプル(形式)もこの記事で説明されます。

商品販売代理店契約

一般情報

問題の文書の主要条項インストールされたアート。 1005 CC。契約締結の方法に応じて、当事者の義務と権利が策定される。たとえば、商品の販売に関する代理店契約は、元本を代理するのではなく、その資金を犠牲にして第三者と署名されます。この場合、後者は権利を取得せず、義務を負うこともありません。これは、彼が取引で命名されたのか、その条件を満たすために第三者と直接の関係に入ったのかにかかわらず起こります。商品の販売に関する代理店契約が元本を犠牲にして署名された場合、それに応じて、それは一定の権利を義務づけられ、受け取られる。一般的に、この取引は一種の調停協定です。手数料契約の要素と手数料の契約が含まれています。

商品サンプルの代理店契約

重要な点

合意を結ぶ方法は、VDに単一の税を適用するために小売業の商業活動を参照する問題に取り組む上で重要である。例えば、組織は法人との契約を締結し、それに応じて代理人は自分が代金を払って借りた地域で、代理人を犠牲にして適切な措置を講じます。小売業の納入と契約に関する活動契約の拠点として。そのような条件が商品販売の代理店契約に含まれている場合、UTIIは元本ではなく第二当事者によって支払われるべきである。

報酬

それは、順序とサイズでインストールされ、合意によって定められたこの規則は芸術で与えられる。 1006 CC。商品販売代理店契約が報酬額を確定せず、取引条件に基づいて決定することができない場合、支払額は比較可能な状況下で頼りにされ、通常同様のサービスに移転される金額である。契約が控除手続を規定しない場合、プリンシパルは、他の規則が契約またはビジネス慣習の本質から出てくる場合を除き、前期間の報告書を受領してから1週間以内に料金を支払う必要があります。

商品販売代理店契約

商品の販売代理店契約を作成するにはどうすればいいですか?

書類には以下の情報が含まれていなければなりません:

  1. トランザクションの件名。
  2. 参加者の義務と権利。
  3. 契約条件の履行の段階に応じて、エージェントの報酬、必要な計算を行うためのルール。
  4. サービス受領の順序の明確化。
  5. トランザクションの条件の遵守または回復不能な状況の発生の悪意のある回避の場合に当事者の責任。
  6. 参加者に適時に義務を履行するよう保証する。
  7. 契約期間。
  8. 最終規定。
  9. その他のアプリケーション。
  10. 必須項目、エージェントの実際のアドレス、およびプリンシパル。
  11. 署名。

説明された

取引の主題は、この問題で非常に重要です付加的なサービスを含めることの可能性、その提供はプリンシプルの利益の適切な保護を提供する。明確に指定された期間の商品の販売に関する代理店契約は、当事者間の合意により、後でそれ以上の困難を伴うことなく終了することができます。一方的に動作を停止することは不可能です。それ以外の場合は、罰金を払わなければならず、裁判所で問題を理解する必要があります。例外は不可抗力の攻撃に過ぎない。

商品販売のためのエージェント契約

製品の価格

商品販売代理店契約のサンプル製品のコストに関する項目を個別に選別するアプリケーションを補完することをお勧めします。事実、製品は価格をかなり頻繁に変更するということです。これはさまざまな要因によって影響を受ける可能性があります。

  • 購入した原材料の合計原価。
  • 輸送運賃の最終価格(場合によっては、貨物輸送サービスを提供する会社に手数料が加算されます)。
  • 生産に必要なガス、水、電気およびその他の資源の支払いなど。

生産コストを別々にするアプリケーションでは、対応するシートを交換することで、いつでも以前に固定価格を変更することができます。これはもちろん、相手方と同意したときに行われます。

要点

契約を締結する際には、特に注意を払う必要があります:

  1. 代理人のポストを申請している人の候補者を直接代理人と調整する可能性を規定する。
  2. 異なる製品または1つの製品の固定価格に関する最終情報。
  3. 契約の正確な期限。
  4. 職務の進捗状況、契約条項への遵守状況についての本人への報告の必要性および順序。
  5. 当事者間の計算のルール。
    商品販売代理店契約のサンプル

商品販売代理店契約:会計

サービスの提供に関連する収益仲介は、通常の活動からの収入として働く。このルールは、PBU 9/99の第5節で設定されています。エージェントの収入金額の反映は、アカウントで反映されます。 90、sub。 счに対応して90.1。 76.5。これに関して、プリンシパルとの計算のために追加のサブアカウントを定式化することが好都合である。仲介サービスの提供の結果生じた代理店費用は、 26.この口座に発生した金額は、Db ccに引き落とされます。 90で、サブ。 90.2「売上原価」。契約の主題は報告手順に影響を与えることに留意すべきである。条件付きでは、取引を販売に直接関係するものと、プリンシパルのサプライヤーが参加して行うものに分類することができます。

商品サンプルの代理店契約

課税

所得と所得を決定するエージェント発生主義に基づく費用は、収益の受領日がサービスの販売日となるためです。それはp.1の技術によって決定される。 39 TC。この場合、資金の実際の領収書は重要ではありません。現金ベースで費用と所得を決定する者のために、受領日は資金が口座または出納係に入金される日になります。

プリンシパルの報告

この本では、このメンバー代理人が署名された契約のもとで義務を履行したことを証明する報告書を受け取ったときの利益を反映する。この文書は、パラグラフ12のPBU 9/99で指定された利益を認識するための条件の遵守を確認するものです。特に、以下の場合にこれが許可されるとの規則があります。

  1. 企業は、特定の契約から生じた、または別の合法的な方法で確認された収益金を受け取る権利を有しています。
  2. 利益の額を決定することができます。
  3. 実装する際には、組織の経済的利益が増加します。このような条件の履行は、企業が支払のために資産を受け取ったとき、またはこの領収書について不確実性がないときに行われます。
  4. 製品を処分、所有、使用(財産)する権利は、会社から購入者に渡った、またはサービス/作業が行われたものです。
  5. この操作ですでに発生している、または想定されている原価を決定することができます。
    商品形態の販売代理契約

プリンシパルの文書に記載されている転記

移転された製品の報告を反映する販売代理店、scを使用。 45「商品が出荷されました」。商品の譲渡は、対応する金額をKdに転送することによって文書に固定されます。 DB ccの41。買主に所有権を移転した後、プリンシパルは、請求書の収入を報告書に反映させなければならない。 90、sub。 90.1(Dbカウント90、サブ90.2、Cd、45)。 1999年5月6日の財務省第33n号の命令により承認されたPBU 10/99にある第5項に従って、製品の販売に関連する費用は、通常の活動のための費用として機能する。報告書では、契約条件に従った代理人に起因する金額は、 44実施コストとして認められている。即時報酬に関しては、計算は勘定76.5と同名のサブ口座(「報酬代理人との決済」)を使用して行われます。

コメント(0)
コメントを追加