皮膚の潰瘍、原因および治療

健康

皮膚潰瘍は皮膚の欠陥です。および粘膜。それらは、壊死した死んだ皮膚領域が消失した後に長時間治癒しない組織の壊死のために形成される。皮膚の潰瘍は、再生過程の急激な低下、身体の代謝障害の場合、および人の他の苦しい状態のために現れる。

皮膚潰瘍

原因

皮膚の潰瘍は、その症状が誘発する疾患に依存しているため、以下の原因が考えられます。

  • 様々な起源(熱、機械、電気、化学、または放射線)の外傷性損傷;
  • 時には潰瘍(ホジキンリンパ腫、肉腫)で覆われている悪性および良性の腫瘍;
  • 静脈循環障害(血栓性静脈炎、動静脈瘻、静脈瘤);
  • 血液循環障害(血栓症、塞栓症、血管抵抗性攣縮を伴う);
  • リンパ排液障害(血液疾患、糖尿病、貧血、壊血病);
  • 様々な感染症;
  • 神経栄養障害(腫瘍、進行性麻痺の場合);
  • 血管の壁の変化(レイノー病、アテローム性動脈硬化症、梅毒性大動脈炎、閉塞性内分泌炎)である。

赤ちゃんの痛み
合併症

皮膚の潰瘍は様々な合併症で危険です:

  • 感染の追加;
  • 損傷した血管からの二次出血;
  • 臓器の働きを妨げ、その機能を破壊する浸透(臓器の近くの潰瘍の成長または腔内の穿孔);
  • 潰瘍の悪性化(いわゆる悪性腫瘍)。

潰瘍治療

皮膚の潰瘍は、根底にある病気に関して治療され、したがって、アプローチは包括的でなければなりません。徹底したスキンケア、寝床、四肢の固定、紫外線やソルクスなどの理学療法活動を伴う従来のツールを使用した外見の治療には、

子供の皮膚の潰瘍および初期段階疾患は高張溶液で頻繁にドレッシングすることによって治療される。さらに、膿の精製のために、タンパク質分解酵素が使用される。洗浄した潰瘍に消毒剤と軟膏を使って包帯を施します。

皮膚潰瘍、症状

一般的な治療法を実施することも重要である体内の修復または免疫生物学的プロセスの改善を目的とした措置。これは、優れた栄養、ビタミンが豊富で、物理療法、代用血液および免疫調節剤が豊富であることを意味します。

外科的治療は、保守的でないときは無効です。同時に、病理学的瘢痕および変化した組織が潰瘍から除去される。組織欠損は、皮膚移植片によって覆われる。適切な治療を処方する場合、潰瘍の病因を考慮に入れることが重要である。治療は、潰瘍形成に影響を与える疾患の組織修復および軽減を目的としている。皮膚に潰瘍がなくなった後に積極的な効果を集めるために、免疫およびビタミン療法を増加させる措置が含まれた療養所治療法が示されています。

コメント(0)
コメントを追加