IHD - それは何ですか?原因、症状および治療方法

健康

虚血性疾患は最も重篤な疾患の1つです現代世界における共通の問題。ほとんどの場合、成熟した高齢者がこの疾患に直面しています。残念なことに、この疾患は、しばしば、心臓発作および冠動脈死を含む危険な合併症で終わる。なぜ冠状動脈疾患、それは何ですか、そしてどのような症状が伴いますか?どのように危険な病気ですか?どのような治療法と予防法が現代医学を提供していますか?

ibsそれは何ですか

CHD - それは何ですか?

心筋の正常な機能が必要な場合酸素と栄養素。冠状動脈は、動脈血を心臓に運ぶ。しかし、冠状動脈の血液供給のいかなる違反も心筋の働きに影響を与えます。これが冠動脈心疾患の発症方法です。

原則として、病気の原因は血管の内面にコレステロールプラークの形成を伴うアテローム性動脈硬化症であり、これは内腔の狭窄をもたらし、したがって冠状動脈不全を引き起こす。

冠動脈疾患の主な原因

冠状動脈循環障害およびアテローム性動脈硬化症は、様々な要因の影響下で発症し得る。例えば、この場合、遺伝的遺伝が重要です。

一方、性別と年齢の問題人若い頃、男性はこの疾患に最も苦しんでいます。しかし、女性は、閉経後に冠状動脈性心臓病になりやすくなり、これはホルモンレベルおよび代謝の変化に関連する。

リスクグループには、肥満。不適切な食生活、特に過剰量の動物性脂肪を食べると、アテローム性動脈硬化症のリスクが高くなります。悪い習慣、特に喫煙は、心臓の仕事に影響します。低体力および一定のストレスも心臓損傷の可能性を高める。

ibs診断

虚血性疾患の症状は何ですか?

あなたがなぜ最も頻繁に冠状動脈疾患がある、それは、病気の兆候に精通している必要があります。実際、臨床像は異なる可能性があります。ほとんどの場合、攻撃は肉体的または感情的な過剰なストレスの背景に起こります。胸の痛みが発生します。胸の痛みは腕や肩甲骨の下によく現れます。患者は息切れ、胸の重いことに不平を言う。観察された心臓リズム障害。これらの症状とともに、不安と死の恐怖が現れます。

彼らを無視してはならない。 治療を受けていないと、IHDは心臓発作や心不全の発症につながります。場合によっては、この疾患は心筋伝導性の障害を引き起こし、時には突然の冠動脈死を引き起こす。

冠状動脈疾患の診断には、冠動脈血管造影(Angiography) - コレステロールプラークの存在、サイズおよび位置を決定することを可能にする研究。さらに、循環器疾患の原因を突き止める必要があります。

診断ibs

冠動脈疾患の治療法

このように自己浄化しないでくださいこの病気は危険な結果を伴います。虚血性心疾患がなぜ発生したのか、それが何であり、どのような治療措置を講ずる必要があるのか​​を医者だけが知ることができます。救急処置として、ニトログリセリン製剤を使用し、血管を拡張し、血液循環を改善する。凝固の増加により、患者はアセチルサリチル酸を処方され、血液を希釈する。

「冠動脈疾患」の診断は文章ではありません。 医師の指示に従うことで、患者は完全な人生を送ることができます。当然のことながら、喫煙やその他の悪い習慣を放棄し、食事を修正し(脂肪や揚げ物を食べず、有用な繊維で置き換える)、定期的な身体活動を忘れないようにする必要があります。最も重症の場合のみ、外科的介入が必要とされる。

コメント(0)
コメントを追加