陰茎の発疹は安全です

健康

男性生殖器の皮膚は薄く、脆弱。思春期には、皮脂腺が頭部領域および下腹部の下で活性化される。皮脂腺は拡大し、陰茎の白い発疹のように見えます。このような発現は、治療的介入を必要としない。予防措置は、感染を排除するための定期的な衛生処置に軽減される。純度を怠ると、発疹が膿疱性を獲得し、皮膚皮膚科医の治療が必要になることがあります。

梅毒の症状としての亀頭陰茎の発疹

まず、性器に痛みが現れます。痛みも、かゆみも、燃えても、自分自身に注意を惹きつけません。それは、病気の人の注意を引き付けることなく、数週間、痛みを伴わずに臓器に存在することができます。これは、性病の病気の最初の段階がどのように現れるかです。

第2段階は、1または2、または3月。この間、病原菌は体内で活発に増殖します。結局、ピンクの発疹が陰茎と体全体に現れます。しばらくすると、発疹が吹き出物に変わり、沸騰します。会陰では、特定のコーンが観察されます。梅毒の症状の顕著な特徴は、形成が傷つくことがなく、ほとんどがかゆみがないことです。

顎顔面痛の​​症状として頭皮に発疹

白いフォームの発疹患者の苦情ポイント、亀頭の表面に直接小さな斑点は、しばしば "Balanoposthitis"の診断、すなわち、陰茎陰茎と包皮の炎症を示しています。病気は性的接触によって伝染する。まれなケースでは、足蹠炎はアレルギー反応として始まります。

パピローマウイルス感染の症状として陰茎に発疹

体に感染した後、性器疣贅すぐに遠くから現れる。初期段階では、顕微鏡的な点が注目される。病気の発達の過程で、斑点が成長して疣贅になります。疣贅は陰茎の皮をきつく覆うことができ、外見上はカリフラワーに似ています。その外殖は、幹部、尿道の入り口まで伸びている。分泌物の観察、排尿による灼熱感、便の排泄。

ほとんどの場合、乳頭腫ウイルスのキャリアとしての男性感染症は当面無症状で行動するため、キャリアとしての彼の地位に関する情報はない。両方のパートナーが治療される場合にのみ、治療は成功するでしょう。

鵞口瘡の症状として陰茎に発疹

感染が弱まると免疫が弱まり、ヘルペスウイルスの血液中に存在する。男性のカンジダ症の症状は、陰茎の頭部に斑点の形で赤い発疹が現れ、コテージチーズの一貫性がなくなる。さらに、男性は、排尿時にかゆみ、焦燥感、不快感、痛みを感じる。性的満足に問題があります。さらに悪いことに、男性が感染症の無症状のキャリアになる場合。いつも、真菌は男性の生殖器系を弱体化させており、その人は差し迫った問題について疑うことはありません。

衛生的手段による刺激

場合によっては、感度が発現する衛生または化粧品のいくつかの成分に適用される。石けん、ゲル、親密なシャンプーまたはクリームが発赤を起こして発疹を起こします。性器の掃除があります。いくつかの個人では、刺激はラテックスを引き起こし、そこからコンドームが作られる。

医師は、発疹や吐き気のいくつかの変種を参照しています:

- スメグマ - 包皮のゾーンに位置する皮脂腺の割り当て。

- 拡大腺 - 軽い小結節の頭の周りの "真珠リング"。結節は絶対に無痛であり、わずかな不都合は生じない。

皮脂腺の嚢胞は、複雑な名前だけで患者を驚かせる。これは病気とはみなされませんが、陰茎の美容上の欠陥のみです。

上記のいずれの場合でも、専門家に相談することをお勧めします。

コメント(0)
コメントを追加