大人の顔のかぶれを治療する方法

健康

大人の顔の発疹は、多くの理由によって引き起こされる可能性があります。最も一般的なものを考えてみましょう。

発疹はなぜ現れますか?

顔に軽度の発疹があると思われる子供(素質、アレルギー反応)および青年(いわゆる若年性座瘡)に特有のものである。炎症を起こした大人が、軽くて奇妙に見えるように見えます。しかし、この現象はかなり広がっている。皮膚科医は、感染症、様々な種類の皮膚炎、そして驚くほどストレスを発疹の出現を引き起こす最も頻繁な要因と呼んでいます。

大人のかぶれ

考えられる原因

さらに、顔面の成人発疹は、低品質の製品やアルコール飲料への反応が原因です。遅れたまたは低品質の化粧品(クリーム、ローション、洗顔)はまた、肌の状態に影響を与えることができる最善の方法ではありません。あなたは目の前で目を覚ましたが、前日はすべて正常だった?覚えておいてください:あなたは昨日過ごしましたか?それとも、逆に、彼らは太陽の中で長すぎたのですか?さらに、場合によっては、皮膚発疹がホルモン不均衡の徴候として作用する。

症状

ヒトの表皮身体の異なる部分には、それ自身の生化学的および解剖学的特徴がある。したがって、ほとんどの場合、医師は皮膚発疹の局在に基づいて診断を行うことができる。例えば、大人の顔の発疹は、梅毒の症状の1つであり、脂漏性皮膚炎、炎症性母斑およびドクターハウスの全ファンに馴染んだ狼瘡である。発疹がプラークのように見え、皮膚の健康な部分と色が異なる場合は、一般的なにきび、扁平疣贅、カンジダ紋や日光角化症などがあります。

顔面発疹治療

考えられる病気

大人の顔に発疹がある場合は違う赤は、二次性梅毒、皮膚筋炎、丹毒、サルコイドーシスの徴候と考えられている。さらに、患者の皮膚、慢性皮膚炎または毛細血管拡張肉芽腫の扁平上皮癌を診断することができる。発疹は水疱に似ていますか? Quinckeの浮腫が始まる可能性は高いです。発疹が鱗状に似ている場合、これは亜鉛、乾癬または皮膚炎の欠損を示す。患者の顔が小さな潰瘍で覆われている場合は、悪性腫瘍がないことを確認するために一連のテストに合格する必要があります。

顔面に小さな発疹
顔面発疹:治療

治療を開始する前に、必要です発疹の原因を明らかにする。場合によっては自己治療が完全に役に立たないだけでなく、最も重大な結果につながることもあります。あなたの皮膚の問題がホルモンの変化または衛生の怠慢に起因する場合は、いくつかの簡単なガイドラインに従ってください。まず、問題のある屋台やお店でケアや装飾的な化粧品を購入しないようにしてください。クリームや洗濯ゲルは薬局で購入するのが一番です。保護クリームなしで太陽の下にいないでください。甘くて脂肪の多い食べ物を乱用しないでください。新鮮な空気の中でできるだけ多くの時間を過ごしてください。タオル、ハンカチ、スポンジなど、誰もあなたの個人的なアイテムを取らせてはいけません。

コメント(0)
コメントを追加